工学部

情報システム学科(電気電子情報専攻)

電気電子情報専攻

情報分野に興味があり機械も学びたい思いもあったので、ハードもソフトも学べる電子情報専攻に入学しました。2年次に必修だった実習の授業で電子機器の基盤や配線に触れてから、電子回路・電気回路の面白さにハマりました。ITをソフトに例えると、電子情報はハード。ゼロから作るのではなく、既存のものを小型化したり、効率化することで価値を高めるところが最大の魅力。アナログ的で非常に実用性が高く、ディジタル技術の進歩のためには欠かせない重要な分野です。今は、高周波回路の研究室に所属し、電波やアンテナの小型化と性能向上の研究に取り組んでいます。また、入学してから3年間務めた秋桜祭実行委員会の活動では、組織で動くことの難しさを痛感しましたが貴重な経験になりました。卒業後は大学院に進学し、電波や情報通信の技術者を目指します。

学習のポイント
専門性を高める基礎授業

専門性を高める基礎授業 最新のPC環境の中でじっくり学ぶことができます。IT専攻と共通したコンピュータ関連科目も受講できます。

リメディアル教育

リメディアル教育 1年次には、専門の学習に必要な物理や数学の基礎を学びます。高校で未履修や苦手科目があっても丁寧に指導し、理解を徹底させます。

進路を意識した選択履修

進路を意識した選択履修 将来の進路や興味に応じて、IT専攻で開講されている情報やネットワーク系の専門科目も選択して履修することができます。

エンジニア育成プログラム

エンジニア育成プログラム 高い視点からの分析と解明するための思考方法は必要です。的確に把握・分析・対処できる問題解決能力を身に付けることができます。

資格取得支援

資格取得支援 基本情報技術者試験、CG検定などの資格取得支援授業を開講。中学(数学・技術)高校(数学・工業・情報)の教諭一種免許状も取得できます。

最新のPC環境の中でじっくり学ぶことができます。IT専攻と共通したコンピュータ関連科目も受講できます。

1年次には、専門の学習に必要な物理や数学の基礎を学びます。高校で未履修や苦手科目があっても丁寧に指導し、理解を徹底させます。

将来の進路や興味に応じて、IT専攻で開講されている情報やネットワーク系の専門科目も選択して履修することができます。

高い視点からの分析と解明するための思考方法は必要です。的確に把握・分析・対処できる問題解決能力を身に付けることができます。

基本情報技術者試験、CG検定などの資格取得支援授業を開講。中学(数学・技術)高校(数学・工業・情報)の教諭一種免許状も取得できます。

電気・電子・情報技術は現代社会に欠かせません。身の回りの工業製品や交通機関、建築物などにも情報機器は使われています。更には、理学・医学・農学・建築学・経営学など、様々な分野で電気・電子の技術は使われています。これらの技術は豊かな暮らしを支える重要な産業を生み出し、IoT(モノのインターネット)という新語もできました。今後は全ての物がインターネットとつながり、電気・電子・情報技術はこれから益々発展します。本専攻では、電気の電力・エネルギーから、電子の半導体素子や物性、回路技術と有線無線通信、情報としてプログラミングや信号処理・数理解析、などを幅広く学んで電気・電子・情報のオールラウンド技術者を育成します。また、資格試験の取得支援にも力を入れています。電気主任技術者試験対策講座として、講義科目とは別に指導経験豊富な教員による演習科目を設置しています。さらに、所定の単位を取得すれば基本情報技術者試験の午前試験が免除になります。

電子や光の回路素子に関わるハード系から、車の自動運転やiPhoneのアプリ開発などのソフト系分野まで、電気・電子・情報の幅広い範囲の技術を学べるカリキュラムを用意しています。1年次には、専門科目を学ぶために必要となる、物理と数学の基礎を学習します。さらに発想力を高めるために、人文科学、社会科学、自然科学など多彩な教養科目を履修します。プログラミングは初年度から学びます。電気・電子・情報工学の基礎と専門分野の理論を履修し、理解力と応用力を磨きます。2~3年次には、「もの」に直接触れて実感するために、「回路・通信」、「材料・デバイス」、「電力・エネルギー」、「情報・数理」の4分野を包括した実験に力を入れています。講義と演習・実験を同時進行で学ぶことにより、学習効果が高まります。3年次後半からは卒業研究指導教員のもとで、専門的な実験や研究を開始します。将来の進路や興味に合う研究テーマや最先端の技術を応用するテーマなどを選び、問題分析力や問題解決力を養います。


専攻の特色

電気・電子・情報技術は現代社会に欠かせません。身の回りの工業製品や交通機関、建築物などにも情報機器は使われています。更には、理学・医学・農学・建築学・経営学など、様々な分野で電気・電子の技術は使われています。これらの技術は豊かな暮らしを支える重要な産業を生み出し、IoT(モノのインターネット)という新語もできました。今後は全ての物がインターネットとつながり、電気・電子・情報技術はこれから益々発展します。本専攻では、電気の電力・エネルギーから、電子の半導体素子や物性、回路技術と有線無線通信、情報としてプログラミングや信号処理・数理解析、などを幅広く学んで電気・電子・情報のオールラウンド技術者を育成します。また、資格試験の取得支援にも力を入れています。電気主任技術者試験対策講座として、講義科目とは別に指導経験豊富な教員による演習科目を設置しています。さらに、所定の単位を取得すれば基本情報技術者試験の午前試験が免除になります。

カリキュラムの特色

電子や光の回路素子に関わるハード系から、車の自動運転やiPhoneのアプリ開発などのソフト系分野まで、電気・電子・情報の幅広い範囲の技術を学べるカリキュラムを用意しています。1年次には、専門科目を学ぶために必要となる、物理と数学の基礎を学習します。さらに発想力を高めるために、人文科学、社会科学、自然科学など多彩な教養科目を履修します。プログラミングは初年度から学びます。電気・電子・情報工学の基礎と専門分野の理論を履修し、理解力と応用力を磨きます。2~3年次には、「もの」に直接触れて実感するために、「回路・通信」、「材料・デバイス」、「電力・エネルギー」、「情報・数理」の4分野を包括した実験に力を入れています。講義と演習・実験を同時進行で学ぶことにより、学習効果が高まります。3年次後半からは卒業研究指導教員のもとで、専門的な実験や研究を開始します。将来の進路や興味に合う研究テーマや最先端の技術を応用するテーマなどを選び、問題分析力や問題解決力を養います。

カリキュラムと進路

(※平成28年4月現在)

カリキュラム

こちらをクリックしてカリキュラムを別ウインドウで表示

カリキュラム

こちらをクリックしてカリキュラムを別ウインドウで表示


専攻の主要科目

ディジタル回路
「ディジタル回路」は、コンピュータハードウェアの基本構成要素です。本講義では、ディジタル回路の基本的知識と技術を解説します。回路素子、スイッチング回路、スイッチ回路の組合せ、ディジタルIC、論理回路、ディジタル回路の応用について修得します。
電子回路
電子回路は、電子分野に限らず情報通信や医学など様々な分野で用いられ、現代を支える技術の一つです。専門科目の一つである「電子回路演習」では、トランジスタなどを用いた様々な電子回路の仕組みを理論だけでなく、例題や演習を通して理解します。
電子工学実習
最近の電子機器やコンピュータなど、あらゆるシステムを動作させるにはソフトウェアばかりでなくハードウェアも設計しなければなりません。両者を学習する一側面として本講義科目の実習を通して、電子工学、情報工学系のエンジニアを目指す学生に、興味や意欲を持ってもらえるよう指導しています。
電気回路
電気回路は、電気・電子・通信系の基礎科目といえ、回路設計や通信機器設計などには必要な理論です。「電気回路演習I」では、回路方程式を解いた理論を修得します。
LSI工学
LSI(大規模集積回路)は、携帯電話をはじめ、身近な電子機器のほとんどの基幹部品として使用されています。 「LSI工学」では、LSIを製造する技術や設計に必要な基礎知識を学びます。
松本 拓也

私はこんなことを学んでいます。

情報システム学科4年 松本 拓也[埼玉県・松山高等学校出身]

レポートや小テストなどの演習で
実践的なノウハウを学べる

埼工大を選んだのは、高校時代に参加したオープンキャンパスで感じた大学の雰囲気の良さと、情報システム学科で体験した模擬授業がきっかけでした。この大学なら情報システムの分野を幅広く学べると思い入学しました。1年次に微分積分など電子情報の基礎を、2年次からは電気・電子回路など専門分野を学んでいきます。専攻の特徴は、座学の講義を聞くだけではなく、レポートや小テストなど実習が多いことです。自分で文章を組み立てなければならず、難しく感じることもありますが、知識をアウトプットする力が身に付きます。現在は、アナログ回路・ディジタル回路・半導体を中心に学んでいます。専攻の先生方は丁寧に質問に答えてくれるので勉強にも不安がありません。勉強以外では、県人会の代表を務めていました。学部を超えた横のつながりができるのもサークルに入る魅力のひとつです。将来は太陽電池などを扱うメーカーへの就職を希望しています。

私の履修スケジュール(3年次)
[前期]
 
1時限 学習指導 電子回路II        
2時限 電子材料学 ディジタル回路     キャリア・デザイン  
3時限   シミュレーション工学 LSI工学 電子情報専門実験I 数理解析  
4時限 電子デバイス   プレゼンテーション技法    
5時限     数学科教育法III    

教職課程の科目

[後期]
 
1時限 応用線形代数演習     応用線形代数    
2時限            
3時限     情報システムゼミ 電子情報専門実験II    
4時限 教育実習I   数学科教育法IV    
5時限     ベクトル解析    

教職課程の科目

[前期]
 
1時限 学習指導 電子回路II        
2時限 電子材料学 ディジタル回路     キャリア・デザイン  
3時限   シミュレーション工学 LSI工学 電子情報専門実験I 数理解析  
4時限 電子デバイス   プレゼンテーション技法    
5時限     数学科教育法III    
[後期]
 
1時限 応用線形代数演習     応用線形代数    
2時限            
3時限     情報システムゼミ 電子情報専門実験II    
4時限 教育実習I   数学科教育法IV    
5時限     ベクトル解析    


ページの先頭へ