工学部

情報システム学科(IT専攻)

応用化学専攻

通信やネットワークの仕組みを勉強しながら、アプリケーションの開発の研究を行っています。高校が普通科ということもあって、入学時のパソコンの知識は初歩程度でした。ITの知識を修得できたのは、周囲の方々の存在が大きかったです。埼工大の良さは何と言っても先生です。気さくでフレンドリーに接してくれるので親しみやすく、学生思いで熱心に教えてくれます。大学は、学業以外でも学ぶことの多いところ。フレアバーテンディング部では部長を務め責任感を養うとともに、交友関係を広げることでさらに充実した大学生活につながりました。ITのスキルをもっと身に付けて、卒業後はプログラミングの仕事を希望していますが、地方公務員も視野に入れ目下勉強中です。

学習のポイント
専門性を高める基礎授業

専門性を高める基礎授業 情報の基礎から応用までの講義、演習・実習・実験では、最新のPC環境の中でじっくりと学ぶことができます。

リメディアル教育

リメディアル教育 1年次には、専門の学習に必要な物理や数学の基礎を学びます。高校で未履修や苦手科目があっても丁寧に指導します。

進路を意識した選択履修

進路を意識した選択履修 将来の進路や興味に応じて、電気電子情報専攻で開講される回路・通信、材料・デバイスなどの科目も選択し履修できます。

エンジニア育成プログラム

エンジニア育成プログラム 高い視点からの分析と解明するための思考力が必要です。的確に把握・分析・対処できる問題解決能力を身に付けることができます。

資格取得支援

資格取得支援 基本情報技術者試験、CG検定などの資格取得支援講座を開講。中学(数学・技術)高校(数学・工業・情報)の教諭一種免許状も取得できます。

情報の基礎から応用までの講義、演習・実習・実験では、最新のPC環境の中でじっくりと学ぶことができます。

1年次には、専門の学習に必要な物理や数学の基礎を学びます。高校で未履修や苦手科目があっても丁寧に指導します。

将来の進路や興味に応じて、電気電子情報専攻で開講される回路・通信、材料・デバイスなどの科目も選択し履修できます。

高い視点からの分析と解明するための思考力が必要です。的確に把握・分析・対処できる問題解決能力を身に付けることができます。

基本情報技術者試験、CG検定などの資格取得支援講座を開講。中学(数学・技術)高校(数学・工業・情報)の教諭一種免許状も取得できます。

現代社会は、どこにいても情報を手に入れられるグローバルで便利な時代です。スマートフォンやタブレットPCなどの急速な普及により、ネットワーク社会は、さらに細分化し多様化しています。しかし、情報の独り歩きや個人情報の流出といったセキュリティなどの問題が、技術の進歩速度についていけずに社会問題となっています。安心と安全を視野に入れながら、情報をどう使うのか、コンピュータを使って何をどのように創造していくのかが今後の大きな課題といえます。
本専攻では、コンピュータ、インターネット、CG、スマートフォンなどの身の回りのIT技術を学びます。これにより、バーチャルリアリティ、人工知能、高度なネットワークの設計開発などができるようになります。また、現代社会を支える情報システムのソフトウェア(アプリ)を開発するITエンジニア、プログラマを育成しています。さらに、就職に有利な国家資格「基本・応用情報技術者」等の取得を支援します。
※本学科の科目を履修し修了試験に合格することで、基本情報技術者試験の一部(午前試験)が免除されます。

本専攻では、情報機器やソフトを使用し、何をどう組み合わせてどんなソフトを作るのか、ネットワークでは、どうつないで何を転送するのか、どのようなことができるのか、といったことを学んでいきます。情報工学の基本的な専門知識の修得はもちろん、社会の動向、文化や人間に対する洞察力、総合的な判断力を養うための一般教養教育にも力を入れています。1年~2年次には、プログラミング言語、情報処理実習、ソフトウェア設計など、コンピュータの基礎を学びます。さらには、実験を通じて、演習・実習、技術の応用能力を身に付けます。専門分野の基礎となる物理や数学の基礎科目教育と先端技術の理解につながる専門科目教育を行います。3年次からは、4年次の卒業研究担当教員の指導のもとで、3次元CG、シミュレーションなど、最先端の技術を応用した多彩なテーマで、専門実験や研究活動を開始。4年次には大学で学んだ知識と技術を駆使して卒業研究を行います。


専攻の特色

現代社会は、どこにいても情報を手に入れられるグローバルで便利な時代です。スマートフォンやタブレットPCなどの急速な普及により、ネットワーク社会は、さらに細分化し多様化しています。しかし、情報の独り歩きや個人情報の流出といったセキュリティなどの問題が、技術の進歩速度についていけずに社会問題となっています。安心と安全を視野に入れながら、情報をどう使うのか、コンピュータを使って何をどのように創造していくのかが今後の大きな課題といえます。
本専攻では、コンピュータ、インターネット、CG、スマートフォンなどの身の回りのIT技術を学びます。これにより、バーチャルリアリティ、人工知能、高度なネットワークの設計開発などができるようになります。また、現代社会を支える情報システムのソフトウェア(アプリ)を開発するITエンジニア、プログラマを育成しています。さらに、就職に有利な国家資格「基本・応用情報技術者」等の取得を支援します。
※本学科の科目を履修し修了試験に合格することで、基本情報技術者試験の一部(午前試験)が免除されます。

カリキュラムの特色

本専攻では、情報機器やソフトを使用し、何をどう組み合わせてどんなソフトを作るのか、ネットワークでは、どうつないで何を転送するのか、どのようなことができるのか、といったことを学んでいきます。情報工学の基本的な専門知識の修得はもちろん、社会の動向、文化や人間に対する洞察力、総合的な判断力を養うための一般教養教育にも力を入れています。1年~2年次には、プログラミング言語、情報処理実習、ソフトウェア設計など、コンピュータの基礎を学びます。さらには、実験を通じて、演習・実習、技術の応用能力を身に付けます。専門分野の基礎となる物理や数学の基礎科目教育と先端技術の理解につながる専門科目教育を行います。3年次からは、4年次の卒業研究担当教員の指導のもとで、3次元CG、シミュレーションなど、最先端の技術を応用した多彩なテーマで、専門実験や研究活動を開始。4年次には大学で学んだ知識と技術を駆使して卒業研究を行います。

カリキュラムと進路

(※平成28年4月現在)

カリキュラム

こちらをクリックしてカリキュラムを別ウインドウで表示

カリキュラム

こちらをクリックしてカリキュラムを別ウインドウで表示


専攻の主要科目

基礎プログラミング演習
C言語を用いたソフトウェア開発の講義と演習を行います。講義では、初等的なC言語文法及び、ソフトウェア開発技法について説明します。多様なプログラム技法やアルゴリズムを学習し、問題の解析、データ構造やアルゴリズムの選択、プログラミング設計など、プログラム開発の流れを修得します。
コンピュータアーキテクチャ
コンピュータシステムにおけるハードウェアとソフトウェアの機能分担に関する設計思想をコンピュータアーキテクチャと定義して、その基本的な設計手法や構成方式について解説。コンピュータシステムの基本動作原理、その機能を制御、演算、記憶、入出力、通信、ネットワーク接続に分類し、アーキテクチャという視点から学習します。
人工知能
人工知能は、ヒトが持つ知識処理のメカニズムを工学的に再現しようとする研究分野です。脳内における知識の獲得・表現・利用等の知的処理について説明し、それらをコンピュータ上でシステムとして実現する方法について、演習を交えながら解説します。
CG
コンピュータグラフィックスの基本的な技法と考え方、3次元CG作成ソフトの利用と成果について学びます。また、映像技術との関連、CADとのデータの共有、バーチャルリアリティ環境でのCGなどについても取り上げます。CG検定試験に向けた内容を同時に学ぶことができます。
ネットワーク概論
情報技術(IT)革命の柱となっているネットワーク・システムについて学びます。具体的には、ネットワーク・システムの歴史、コンピュータ技術、インターネット技術、無線通信ネットワーク、ISDN、ATMネットワークの基礎などがあります。
須藤 凌

私はこんなことを学んでいます。

情報システム学科3年 須藤 凌[埼玉県・深谷商業高等学校出身]

豊富なカリキュラムから興味のある分野を選択
将来はプログラミングのエキスパートに

高校が情報処理科だったので、大学入学前からエクセル、ワード、情報処理検定などの資格を取得していました。その知識を更に深めたくてIT専攻に入学しました。大学ではC言語を学びたいと思っていましたが、入学してみると想像以上にカリキュラムが豊富なことに驚きました。コンピュータ関連だけでも基礎から応用まで幅広い科目の中から興味のあるものを選択できます。講義はPCの細かい操作など実験・実習も多く、実践的なスキルが身に付きます。先生方は手取り足取りというより、学生の発想力を高めるように導いてくれるので、自然に考える力が身に付いてきます。在学中にITパスポート、基本・応用情報技術者の資格取得を目指しています。将来は、パソコンや電子機器の分野でプログラミングに関わる仕事をしていきたいです。

私の履修スケジュール(2年次)
[前期]
 
1時限     知的所有権 代数学 確率統計学  
2時限   人工知能 英語III ネットワーク概論 応用数学  
3時限   基礎プログラム言語 基礎情報処理実験 英語演習III 数理解析  
4時限   基礎プログラミング演習      
5時限     英語演習II      
[後期]
 
1時限     ヒューマンインターフェース ネットワーク設計 展開情報処理実験  
2時限     CG ネットワーク構築と管理  
3時限   展開プログラム言語 英語IV 英語演習IV 地球と環境  
4時限 心理学 展開プログラミング演習 教育と社会 ネットワークプロトコル  
5時限     ベクトル解析      
[前期]
 
1時限     知的所有権 代数学 確率統計学  
2時限   人工知能 英語III ネットワーク概論 応用数学  
3時限   基礎プログラム言語 基礎情報処理実験 英語演習III 数理解析  
4時限   基礎プログラミング演習      
5時限     英語演習II      
[後期]
 
1時限     ヒューマンインターフェース ネットワーク設計 展開情報処理実験  
2時限     CG ネットワーク構築と管理  
3時限   展開プログラム言語 英語IV 英語演習IV 地球と環境  
4時限 心理学 展開プログラミング演習 教育と社会 ネットワークプロトコル  
5時限     ベクトル解析      


ページの先頭へ