工学部

機械工学科(機械工学専攻)

機械工学専攻

幼い頃から、機械の配線など構造やメカニズムに興味があり、機械工学科に進学しました。1年次に4大力学を基礎から学び、2年次からはじまる実習では技術を身につける丁寧なカリキュラムが魅力です。基礎知識の修得は、機械を構成する主な材料の性質を学習し、構造についても学びます。機械工学は数学や物理の知識が必要となり、内容も高度になるので難しく、苦労も多かったのですが、埼工大の先生は皆やさしく、わからないところは親身になって教えてくれるのでとても心強いです。将来の目標はエンジニア。自動車部品や工業製品など、機械の構造を考えて製品化する仕事に就きたいと考えています。これからは、自分らしいものづくりを実現するためにCAD利用技術者試験資格の取得にも挑戦していきます。

学習のポイント
基礎知識と技術の修得

基礎知識と技術の修得 エンジニアに必要とされる機械の設計・製造に必要不可欠な設計法、製図法、加工に関する技術や技能を学びます。

専門性を高める基礎授業

専門性を高める基礎授業 機械工学の柱となる自然の原理や法則、機械機構や動作の仕組み、技術・技能に関する講座をバランスよく学びます。

IT技術の修得と資格取得

IT技術の修得と資格取得 PCの基本操作、Visual Basicによるプログラミング、Auto CAD製図など、就職後も役立つ資格の取得講座に力を入れています。

プレゼンテーション能力の修得

プレゼンテーション能力の修得 「プレゼンテーション技法」、「卒業研究」などを通じて、コミュニケーション・プレゼンテーション能力を身に付けることができます。

プロジェクト支援

プロジェクト支援 「学生フォーミュラプロジェクト」など、各種プロジェクトの全国大会出場への挑戦をバックアップしています。

エンジニアに必要とされる機械の設計・製造に必要不可欠な設計法、製図法、加工に関する技術や技能を学びます。

機械工学の柱となる自然の原理や法則、機械機構や動作の仕組み、技術・技能に関する講座をバランスよく学びます。

PCの基本操作、Visual Basicによるプログラミング、Auto CAD製図など、就職後も役立つ資格の取得講座に力を入れています。

「プレゼンテーション技法」、「卒業研究」などを通じて、コミュニケーション・プレゼンテーション能力を身に付けることができます。

「学生フォーミュラプロジェクト」など、各種プロジェクトの全国大会出場への挑戦をバックアップしています。

現代社会は、パソコン、携帯電話、自動車など、様々な工業技術が暮らしを支えています。個性豊かな“ものづくり”は、人々の笑顔を生み出し、社会に貢献できる素晴らしい学問です。近年の工業技術や工業生産は、品質の高さや生産効率の良さにとどまらず、複雑化・多様化した要素が加わっています。さらには機械を扱う安全性や快適性、地球環境の保全、省エネ・省資源の課題などを常に念頭においた開発が求められています。
本専攻では、機械工学の4大力学である材料力学、機械力学、流体力学、熱力学を基本に、情報・制御や生産・設計システムなど、ものづくりに必要な幅広い基礎知識と応用力を身に付ける教育を行っています。「ものづくり教育」を柱としたカリキュラムを通じて、工業技術の基礎から応用までの知識とスキルの修得に加え、創造力・理解力を育成します。また技術立国である日本の産業界の最先端で活躍できるエンジニアや研究者を育成します。

本専攻では、情報・制御、生産・設計システム、ものづくりに必要な4大力学を基本に、幅広い基礎知識から応用までを修得できるカリキュラムを構成しています。特に実習・実験の時間を重視し、ジャッキ・万力、試験片などの製作や、旋盤・フライス盤など、精密加工機から最新の機器の操作など、早い段階から技術や技能に取り組むことにより、「ものづくり」への理解が深まり、自ら考える習慣と“手を動かす技術”を身に付けることができます。1年次には、工学を学ぶ上で必要となる数学や物理などのリメディアル学習やコンピュータ概論、さらに発想力を高めるために、人文科学、社会科学、自然科学など多彩な教養科目を履修します。また、国際化に対応し、英語の修得にも力を入れています。2年次以降には、ものづくりに対する理解を深めていき、3年次から個々の興味や将来の目標に合わせた研究室で、4年次の卒業研究に向けた研究をスタートします。卒業研究は個性と豊かな発想を活かし、基礎から最先端の技術まで学びの集大成に取り組みます。


専攻の特色

現代社会は、パソコン、携帯電話、自動車など、様々な工業技術が暮らしを支えています。個性豊かな“ものづくり”は、人々の笑顔を生み出し、社会に貢献できる素晴らしい学問です。近年の工業技術や工業生産は、品質の高さや生産効率の良さにとどまらず、複雑化・多様化した要素が加わっています。さらには機械を扱う安全性や快適性、地球環境の保全、省エネ・省資源の課題などを常に念頭においた開発が求められています。
本専攻では、機械工学の4大力学である材料力学、機械力学、流体力学、熱力学を基本に、情報・制御や生産・設計システムなど、ものづくりに必要な幅広い基礎知識と応用力を身に付ける教育を行っています。「ものづくり教育」を柱としたカリキュラムを通じて、工業技術の基礎から応用までの知識とスキルの修得に加え、創造力・理解力を育成します。また技術立国である日本の産業界の最先端で活躍できるエンジニアや研究者を育成します。

カリキュラムの特色

本専攻では、情報・制御、生産・設計システム、ものづくりに必要な4大力学を基本に、幅広い基礎知識から応用までを修得できるカリキュラムを構成しています。特に実習・実験の時間を重視し、ジャッキ・万力、試験片などの製作や、旋盤・フライス盤など、精密加工機から最新の機器の操作など、早い段階から技術や技能に取り組むことにより、「ものづくり」への理解が深まり、自ら考える習慣と“手を動かす技術”を身に付けることができます。1年次には、工学を学ぶ上で必要となる数学や物理などのリメディアル学習やコンピュータ概論、さらに発想力を高めるために、人文科学、社会科学、自然科学など多彩な教養科目を履修します。また、国際化に対応し、英語の修得にも力を入れています。2年次以降には、ものづくりに対する理解を深めていき、3年次から個々の興味や将来の目標に合わせた研究室で、4年次の卒業研究に向けた研究をスタートします。卒業研究は個性と豊かな発想を活かし、基礎から最先端の技術まで学びの集大成に取り組みます。

カリキュラムと進路

(※平成28年4月現在)

カリキュラム

こちらをクリックしてカリキュラムを別ウインドウで表示

カリキュラム

こちらをクリックしてカリキュラムを別ウインドウで表示


専攻の主要科目

材料力学
材料力学は、機械や構造物に用いられる材料の強さや変形に対する抵抗、部材の安定性などについて学ぶ、機械工学にとって重要な科目の一つです。もの(材料)に力が加わったときに、それがどのように変形し、そのとき材料内部にどのような抵抗力(応力)が生じ、どのように分布しているかを学びます。
流体力学
流体というのは空気や水など、力を加えることなく自由に変形する物質を総称した言葉です。空気や水は私たち人間の周囲至る所に存在しますから、流体の性質を理解し研究することは技術者にとって重要です。実際、飛行機はもちろん、自動車の設計にも流体力学は応用されています。講義では例題を解きながら、“覚える”ではなく、“理解する”ことをめざして勉強し、演習で実力を高めます。
機械力学
機械の高速化・軽量化・自動化を図るためには、まず機械の動きを理解して設計する必要があります。そして、設計の上での主な課題となるのは機械振動です。機械力学では、機械の動きをモデル化し表現することで、具体的に設計へと結び付けていく方法を学びます。
熱力学
現在私たちは、自動車のエンジン、ガスタービン、火力発電所などのさまざまな熱動力機関に囲まれて生活しています。本講義では、これら熱機関の作動原理となっている熱力学の諸法則について学びます。

私はこんなことを学んでいます。

機械工学科3年 小口 模那[新潟県・十日町高等学校出身]

充実した設備で技術を高め
乗り物をつくるのが将来の夢

小さい頃から飛行機や自動車といった乗り物が大好きで、エンジニアになるため機械工学科に入学しました。夢は、乗り物を作ること。好きな飛行機や自動車の製造に一から携わってみたいです。年次が進むにつれて力学など専門分野の授業が多くなり、2年次には溶接や硬さを測定する実験もはじまります。埼工大のよいところは、実習工場など設備が充実しているので技術を高められることです。3年次になると、配属先の研究室を決めるのですが、魅力的な研究室ばかりで、材料・機械設計・伝熱・制御など複数の研究室を掛け持ちしたくなるほど迷います。今は、海外ボランティアも挑戦したい目標のひとつ。埼工大で学んだものづくりの技術や知識を途上国でも活かしたいです。

私の履修スケジュール(2年次)
[前期]
 
1時限 微分方程式 熱力学及び演習I コンピュータ図学 機械工作法    
2時限 複素関数論 材料力学及び演習I キャリア・デザインII 流体力学及び演習I 流体力学及び演習I  
3時限     工学実習I 情報工学 英語演習III  
4時限 心理学 熱力学及び演習I/材料力学及び演習I 英語III    
5時限            

隔週で開講

[後期]
 
1時限   熱力学及び演習II 工学実習II 機械設計法及び演習    
2時限   電磁気学 流体力学及び演習II/機械設計法及び演習 工作機械  
3時限 自動車工学概論 材料力学及び演習II CAD基礎製図 熱力学及び演習II/材料力学及び演習II 英語演習IV  
4時限 哲学 流体力学及び演習II 英語IV 機構学  
5時限     ベクトル解析 計測工学    

隔週で開講

[前期]
 
1時限 微分方程式 熱力学及び演習I コンピュータ図学 機械工作法    
2時限 複素関数論 材料力学及び演習I キャリア・デザインII 流体力学及び演習I 流体力学及び演習I  
3時限     工学実習I 情報工学 英語演習III  
4時限 心理学 熱力学及び演習I/材料力学及び演習I 英語III    
5時限            
[後期]
 
1時限   熱力学及び演習II 工学実習II 機械設計法及び演習    
2時限   電磁気学 流体力学及び演習II/機械設計法及び演習 工作機械  
3時限 自動車工学概論 材料力学及び演習II CAD基礎製図 熱力学及び演習II/材料力学及び演習II 英語演習IV  
4時限 哲学 流体力学及び演習II 英語IV 機構学  
5時限     ベクトル解析 計測工学    


ページの先頭へ