工学部

生命環境化学科(応用化学専攻)

応用化学専攻

実験を通して身近な素材の性質を知り、未知の性質の解明や新たな利用法に導くことができる化学の面白さに興味を持っていたので、材料化学を学ぶために、実習が多く幅広い分野が学べる応用化学専攻を選びました。経験豊富な先生方はそれぞれ専門分野のスペシャリストばかりで、そのような先生方から教わる授業を通じて、ますます化学が好きになりました。今は、カーボン系電極材料開発の研究室で環境に有効な分野の研究をしています。年次が進むにつれ実験の難易度は高くなり、想定していた結果が得られないこともありますが、大切なのはチームワーク。一人の頭で考えるより皆で考えを出し合った方が良い結果につながります。中学、高校とずっと好きだった化学。卒業後は大学院に進学し、将来は教員になって化学の魅力を次世代に伝えていきたいです。

学習のポイント
専門性を高める基礎授業

専門性を高める基礎授業 少人数のクラス編成で化学の基礎から学びます。身近な化学現象で関心の高い話題を基本に生命や環境、生活の中にある化学を学習します。

専門性を高める実験・実習

専門性を高める実験・実習 多彩な実験や実習を通じて身近な化学現象のしくみを系統的に学びます。レポートやプレゼンテーション能力を養うことができます。

各自のテーマで卒業研究

各自のテーマで卒業研究 4年次は各自のテーマで卒業研究を行います。産学官連携研究プロジェクトなど、次世代技術の開発現場にも携わることができます。

進路を意識した多彩な科目

進路を意識した多彩な科目 進路や興味に応じて、環境や生命など、幅広い科目を開講しているバイオ・環境科学専攻の主要科目も受講することができます。

資格取得支援

資格取得支援 中学校や高等学校の教諭一種(理科)の免許状取得が可能です。公害防止管理者、環境計量士など、環境系国家資格の取得支援授業も開講。

少人数のクラス編成で化学の基礎から学びます。身近な化学現象で関心の高い話題を基本に生命や環境、生活の中にある化学を学習します。

多彩な実験や実習を通じて身近な化学現象のしくみを系統的に学びます。レポートやプレゼンテーション能力を養うことができます。

4年次は各自のテーマで卒業研究を行います。産学官連携研究プロジェクトなど、次世代技術の開発現場にも携わることができます。

進路や興味に応じて、環境や生命など、幅広い科目を開講しているバイオ・環境科学専攻の主要科目も受講することができます。

中学校や高等学校の教諭一種(理科)の免許状取得が可能です。公害防止管理者、環境計量士など、環境系国家資格の取得支援授業も開講。

環境に調和した新素材や新材料の開発は、人々の快適な暮らしと社会に必要不可欠な技術です。さらに、地球環境に配慮した開発が求められています。本専攻では、先端材料、食品、医薬品、エネルギー、環境、農林水産などにおいて、未来の産業界を支える幅広い分野に対して、「化学」の力で貢献できる専門技術者や研究者を育成します。
衣料・食品・医薬・美容用品・電化製品・電池・建材・自動車といった私たちの身の回りにある製品においては、品質向上や新製品開発力が要求されています。新しい技術や開発のできる技術者を養成するために、有機化学、無機化学、物理化学、分析化学、材料化学など、高度な化学の専門知識と最新技術を、体系的なカリキュラムと多彩な実験・実習を通じて系統的に学びます。化学の基礎から高度な専門までの知識と技術の修得はもちろん、新たな問題を発見し、自らその課題を検証できる想像力豊かな力と柔軟な対応力、倫理観を身に付けたエンジニアの育成を目標としています。

本専攻では、化学をベースとした科学技術の専門知識や技術、応用能力を身に付けるためのカリキュラムを1年次より用意しています。特に、1年次には、少人数編成のクラスで高校の化学をじっくりと学んだ上で専門基礎科目へとステップアップしていきます。また、人文科学、社会科学、自然科学など多彩な教養科目を履修して豊かな発想力や創造力を養います。2~3年次には、興味や進路に合わせた専門科目を選択して学ぶことができます。社会が求める幅広い分野で「化学」の力を活かすためには、生命や環境系の基礎や専門知識が必要になるため、『バイオ・環境科学専攻』科目を選択することも可能です。4年次には、各自の希望や興味、進路を考慮した研究室に配属され、新素材開発や分析・合成などの多彩な化学系分野を専門とする教員の指導を受けながら、未知の現象の解明や新しい原理の創製などに関する卒業研究を行います。学会形式での卒業研究発表会などもあり、実社会で必要とされるプレゼンテーション技術やコミュニケーション能力を養うことができます。


専攻の特色

環境に調和した新素材や新材料の開発は、人々の快適な暮らしと社会に必要不可欠な技術です。さらに、地球環境に配慮した開発が求められています。本専攻では、先端材料、食品、医薬品、エネルギー、環境、農林水産などにおいて、未来の産業界を支える幅広い分野に対して、「化学」の力で貢献できる専門技術者や研究者を育成します。
衣料・食品・医薬・美容用品・電化製品・電池・建材・自動車といった私たちの身の回りにある製品においては、品質向上や新製品開発力が要求されています。新しい技術や開発のできる技術者を養成するために、有機化学、無機化学、物理化学、分析化学、材料化学など、高度な化学の専門知識と最新技術を、体系的なカリキュラムと多彩な実験・実習を通じて系統的に学びます。化学の基礎から高度な専門までの知識と技術の修得はもちろん、新たな問題を発見し、自らその課題を検証できる想像力豊かな力と柔軟な対応力、倫理観を身に付けたエンジニアの育成を目標としています。

カリキュラムの特色

本専攻では、化学をベースとした科学技術の専門知識や技術、応用能力を身に付けるためのカリキュラムを1年次より用意しています。特に、1年次には、少人数編成のクラスで高校の化学をじっくりと学んだ上で専門基礎科目へとステップアップしていきます。また、人文科学、社会科学、自然科学など多彩な教養科目を履修して豊かな発想力や創造力を養います。2~3年次には、興味や進路に合わせた専門科目を選択して学ぶことができます。社会が求める幅広い分野で「化学」の力を活かすためには、生命や環境系の基礎や専門知識が必要になるため、『バイオ・環境科学専攻』科目を選択することも可能です。4年次には、各自の希望や興味、進路を考慮した研究室に配属され、新素材開発や分析・合成などの多彩な化学系分野を専門とする教員の指導を受けながら、未知の現象の解明や新しい原理の創製などに関する卒業研究を行います。学会形式での卒業研究発表会などもあり、実社会で必要とされるプレゼンテーション技術やコミュニケーション能力を養うことができます。

カリキュラムと進路

(※平成28年4月現在)

カリキュラム

こちらをクリックしてカリキュラムを別ウインドウで表示

カリキュラム

こちらをクリックしてカリキュラムを別ウインドウで表示


専攻の主要科目

物理化学I、II、III
化学には数字で解釈されるものが数多くあります。例えば有害物質の増加量・減少量の予測、放射性物質の半減期の意味を反応速度論で学びます。熱力学は「なぜ永久機関は不可能なのか?」などの疑問に答えてくれます。原子・分子の構造を知り、物質が持つ様々な性質(色、融点、沸点、電気的/磁気的性質等)の理解に役立てます。
生活の科学
我々の生活は、さまざまな科学技術の進歩により支えられてきました。本講義では、快適な生活をおくるための健康科学、身近な生活の中での「形」に着目した科学現象、エネルギー問題と次世代新型エネルギーに焦点をあて、身近な生活環境を科学的視点から捉えられる素養を身につけます。
無機化学I、II、III
金属・非金属を問わず無機化合物は、金属材料、セラミック材料、複合(ハイブリッド)材料など、多くの分野で開発されています。これらの講義では無機化合物の特徴や性質、反応性との関わりを、原子軌道や化学結合など、物理化学的な視点から系統的に学びます。
分析化学、機器分析
化学の分野では、ありとあらゆる現象・物質が分析対象となり、その分析する方法も千差万別です。分析化学では、主に試薬反応を用いた定性・定量方法について、また機器分析では、特殊な装置を用いた分析手法の基本原理と適用方法や実用例を学びます。
電気化学
電気化学は、リチウムイオン電池、風力や太陽などの自然エネルギーの電力貯蔵、各種の有用化学物質の電解製造など、現代の生活において欠かせない学問分野です。この科目では、電気エネルギーと化学エネルギーの相互変換の原理と様々な応用技術について学びます。
生命環境化学基礎実験I、II
生命環境化学専門実験I、II
化学では、実験データに基づく考察が欠かせません。基礎実験では、実験操作の基本原理、装置類の基本操作の習熟を目的とした課題を取り上げます。専門実験では、最先端研究の一端にも触れながら、高度な実験研究に必要な知識と技術の修得に努めます。
三橋 真由

私はこんなことを学んでいます。

生命環境化学科3年 三橋 真由[群馬県・高崎商科大学付属高等学校出身]

自分の興味ある分野をより深く学べる授業
将来は化学のおもしろさを子どもたちに伝えたい

高校時代から化学が好きで、将来は化学の先生になりたいと思い、実験・実習が多く幅広い分野が学べる応用化学専攻に進学しました。大学は、自分の興味のある分野を詳しく学べるのが魅力です。未知のものを知ることができ、さらに深く学べる授業のおかげで、化学の知識がどんどん増えていきます。今は、食品と化学の関係に興味があり、食品添加物の人体への影響を学んでいます。教職課程では、模擬授業や憲法、生徒の心をどう理解するかなどを学ぶので、化学の授業とは違った難しさを感じていますが、1年次から教職のためのセミナーを開いてくれる大学のサポートがあるので心強いです。最近は、化学に苦手意識を持つ子どもが多いようですが、将来は生徒に化学のおもしろさを伝えられる先生になりたいです。

私の履修スケジュール(2年次)
[前期]
 
1時限   理科教育法I 分析化学 生活科学概論 文化論  
2時限 生徒・進路指導の理論及び方法 無機化学I     物理化学I  
3時限 心理学 生化学I 環境計測I 言語文化論I(フランス) 生命環境化学基礎実験I  
4時限 哲学 英語III 有機化学I 英語演習III  
5時限 社会学        

教職課程の科目

[後期]
 
1時限 発達・学習論 理科教育法II     日本国憲法  
2時限 教育方法・技術論 無機化学II     有機化学II  
3時限   思想と宗教   生物学 生命環境化学基礎実験II 化学工学
4時限   英語IV 食品科学 英語演習IV
5時限     物理化学II    

教職課程の科目

[前期]
 
1時限   理科教育法I 分析化学 生活科学概論 文化論  
2時限 生徒・進路指導の理論及び方法 無機化学I     物理化学I  
3時限 心理学 生化学I 環境計測I 言語文化論I(フランス) 生命環境化学基礎実験I  
4時限 哲学 英語III 有機化学I 英語演習III  
5時限 社会学        
[後期]
 
1時限 発達・学習論 理科教育法II     日本国憲法  
2時限 教育方法・技術論 無機化学II     有機化学II  
3時限   思想と宗教   生物学 生命環境化学基礎実験II 化学工学
4時限   英語IV 食品科学 英語演習IV
5時限     物理化学II    

 

 




ページの先頭へ