学生生活

国際交流

協定による交流で、生きた文化理解や発見を

本学の大学院と先端科学研究所では留学生とポストドクター研究員らが、また、学部では留学生が日本の技術や学位取得を目的に学んでいます。勉強やクラブ活動を通じて、生きた異文化交流をしています。彼らの高い目的意識とポジティブに努力する姿は、日本人学生にも良い影響を与えています。
2007年度には「国際交流研究センター」が設置されました。このセンターは学部・大学院とも連携して、留学生の受け入れや本学から協定校への留学などの支援体制の整備に努めています。短期留学では現地の方々とのコミュニケーションや現地での生活などが貴重な体験となり、帰国後に、学部での学習や英語の修得などにおいて一層意欲的になるなど、大変良い効果が見られました。

国際交流協定

本学はこれまでに、遼寧科技大学(中国)、重慶交通大学(中国)、中北大学(中国)、杭州電子科技大学(中国)、全北大学校工科大学 (韓国 )、ポーランド日本情報工科大学(ポーランド)、ホーチミン市工科大学(ベトナム)、アルマティ工業大学(カザフスタン)の8大学と国際交流協定を結んでいます。

日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」

※国立研究開発法人科学技術振興機構採択事業

活動報告

留学生のことば

中国からの留学生
国際交流
趙 津悦さん

人間社会学部 心理学科 2年

中国の大学で興味をもった心理学を、より専門的に学ぶため来日しました。パソコンを使って分析をする日本の心理学は、世界的にも進んでいます。聞くだけでなく参加する授業では、たくさんのコミュニケーションが生まれ、文化や考え方の違いを学ぶことができるので相互理解につながっています。また、大学がある岡部周辺の静かな環境や地域の人達も親切で大好きで、気に入った風景や人物を写真に撮ったり、絵を描いたりして楽しんでいます。

ベトナムからの留学生
国際交流
グエン・ブアン・クイさん

工学部 機械工学科 2年

ベトナムでもメイドインジャパンは人気です。日本の高い機械工学技術を勉強したいと思い、留学しました。日本での大学生活は不安もありましたが、先生が優しくて授業もわかりやすいので、充実したキャンパスライフを送っています。また、卒業後は日本で就職して、さらに高度な技術や知識、経験を積みたいです。一人前のエンジニアとなってベトナムに帰り、自国の発展に貢献したいと考えています。

 

マレーシアからの留学生
国際交流
ブライアン・テオ・カイ・シェンさん

工学部 機械工学科 4年

子どもの頃に見た日本製のロボット義手義足の技術は衝撃的でした。常に時代をリードしてきた日本のロボティクス技術を学んでみたいと思い、来日しました。ロボティクス専攻の学生は、ロボット好きの人ばかりで、毎日が楽しいです。私にとってロボットは自分の子どものようなもの。動いた瞬間が一番の喜びです。将来は、身体の不自由な人の役に立つロボットを作りたいです。そのためにロボティクス先進国の技術をしっかり学んでいきます。

サウジアラビアからの留学生
国際交流
アルサイダラーニ・ソハイブ・アブダッラーさん

工学部 生命環境化学科 2年

高校の生物の授業で、微生物やバクテリアを顕微鏡で見たことがあります。そこで見たミクロの世界があまりにも綺麗なことに衝撃を受けて以来、バイオロジーの分野に興味を持ちました。バイオ化学の研究施設で働きたいという夢を叶えるため、高度な研究施設がある埼工大に留学を決めました。学習面ではレポートなど難しいこともありますが、友達は優しく、学校生活は楽しいことばかり。最近は、特にマジック研究会で覚えた手品に夢中です。

 

留学生対象の主な行事

本学では、「留学生同士の交流」、「留学生と日本人学生との交流」、また「留学生に日本の文化に触れてもらうこと」を目的に、以下の行事を行っています。

国際交流活動の様子 国際交流活動の様子 国際交流活動の様子 国際交流活動の様子


ページの先頭へ