大学案内

埼玉工業大学3つの方針-工学部機械工学科

1.アドミッション・ポリシー(AP)
  •  機械工学科では、建学の精神である使命感・人生観・連帯感の涵養を礎として、機械工学の方面で社会に貢献できる人材の育成を目的としている。

     本学科では、機械工学を学ぶ基礎学力を有し、機械技術者になることへの夢を抱いて、常に自分を磨くことを考えながら社会に貢献する意欲のある人材を受け入れる。

 

2.カリキュラム・ポリシー(CP)
  •  (1)自然の原理や法則(プリンシプル)

     (2)機械の機構や動作の仕組み(メカニズム)

     (3)技術と技能(テクニック)

    に関する講義・演習・実験実習をバランスよく配置して、機械工学の基礎を修得し、新しい分野を開拓することのできる応用力を養うことを目指す。

     基幹科目については講義に対して演習科目を設け、理解を促進し、実力を養成するよう配慮されている。実験実習科目を重視し、講義で学んだことを実際に体験し確認する。コンピュータの基本的な使い方を習得し、講義や実験実習でも使えるようにする。卒業研究は、それまでに学んだことの集大成と位置づけられ、未解決の問題に取り組み、結果を卒業論文としてまとめ、内容を発表するプレゼンテーション能力を養う。

 

3.ディプロマ・ポリシー(DP)
  •  次のような要件を満たしていることが、学位授与の条件となる。

     

    (1)学科の科目内容を修得し、「ものづくり」を達成する総合的基礎学力を身につけた。

    (2)未解決の問題に取り組む応用力とプレゼンテーション能力を養った。

    この要件は所定の単位修得によって認定される。



ページの先頭へ