大学案内

埼玉工業大学3つの方針-工学研究科応用化学専攻

応用化学専攻博士前期課程
1.アドミッション・ポリシー(AP)

 科学技術の進歩が著しい中で、応用化学の研究分野も大きく広がっている。特に21世紀の重要課題である、環境・エネルギー問題、バイオテクノロジー、新素材開発において、「応用化学」の果たす役割は重大である。本専攻では、このような社会のニーズに対して柔軟かつ的確に対応できる専門技術者および研究者の育成を目指している。以上の方針に基づき、本専攻では以下のような大学院生を求めている。

  1. 材料化学、環境化学、生命化学関連分野に興味を持ち、本専攻での学習・研究を強く希望する人
  2. 「実験」が好きで、技術力、実践力を大いに発揮したい人
  3. 好奇心が旺盛で、失敗を恐れず積極的にチャレンジするパイオニア精神をもつ人
  4. 身につけた科学的知識や技術などの多彩な経験を職業人として生かす意欲のある人
  5. 明確な目的意識を持って、積極的かつ自主的に研究に取り組める人

 

2.カリキュラム・ポリシー(CP)

 本専攻では,システム工学の視点から,基礎から工学的な応用分野まで幅広い分野を教育・研究の対象としている。3つの研究分野における教育・研究指導の方針を下記に示す。

 

「材料化学教育研究分野」

 快適な未来生活のために、人に優しく環境に調和した新素材・新材料を開発するため、有機化学、高分子化学、有機合成化学、材料化学を基礎として、新規高分子材料の開発や新機能化合物を合成するための新規合成法や触媒の開発など、材料化学に関する総合的な教育研究を行う。

 

「環境化学教育研究分野」

 現在、地球規模で問題になっている環境問題、エネルギー問題を解決するため、電気化学、プラズマ化学、表面化学、触媒化学、無機化学を基礎として、環境浄化や省エネルギープロセスの開発、環境に優しい未来エネルギー生産技術など、環境化学に関する総合的な教育研究を行う。

 

「生命化学教育研究分野」

 近年のバイオテクノロジーの急速な発展に寄与するため、生化学、分子生物学のみならず、計測化学、細胞生理学、生物有機化学、バイオエレクトロニクスを基礎として、バイオセンサの開発、生体情報の伝達機能の解明、遺伝子発現機構の解明など、生命化学に関する総合的な教育研究を行う。

 

3.ディプロマ・ポリシー(DP)

 大学院学則に規定された単位を修得し,設定された教育・研究分野の研究能力や高度な専門性を必要とする職業を担う十分な能力と技術を身につけていることを博士前期課程修了の要件とする。なお,修士論文審査においては主査1名・副査2名をもって審査にあたり公正な判定がなされている。

 

 

応用化学専攻博士後期課程
1.アドミッション・ポリシー(AP)

 人間生活の基盤を支える物質は,科学技術の進歩とともにますます増加し,互いに有機的な結びつきを深めている。科学技術の進歩が著しい中で,応用化学の研究分野も大きく広がっている。特に,21世紀の重要課題である,環境・エネルギー問題、バイオテクノロジー、新素材開発において,応用化学の果たす役割は重大である。そこで本専攻では、このような社会のニーズに対して柔軟かつ的確に対応できる専門技術者および研究者の育成を目指している。

 以上の教育方針に基づき、本専攻では以下のような大学院生を求めている。

  1. 材料化学、環境化学、生命化学関連分野に興味を持ち、本専攻での学習・研究を強く希望する人
  2. 「研究」および「実験」が好きで、技術力、実践力、創造力を大いに発揮したい人
  3. 好奇心が旺盛で、失敗を恐れず積極的にチャレンジするパイオニア精神をもつ人
  4. 身につけた科学的知識や専門技術を専門技術者・研究者として生かす意欲のある人
  5. 明確な目的意識を持って、積極的かつ自主的に研究に取り組める人

 

2.カリキュラム・ポリシー(CP)

 本専攻は,先端材料、食品、医薬品、エネルギー、環境、農林水産など幅広い分野に対して「化学」の力で貢献できる専門技術者・研究者を育成することを目的とし、「材料化学」・「環境化学」・「生命化学」の各3分野に博士後期課程指導教員を配置し,21世紀の日本を支える優れた技術者,研究者を育成することを目指した教育研究を行っている。

 

「材料化学教育研究分野」

 快適な未来生活のために、人に優しく環境に調和した新素材・新材料を開発するため、有機化学、高分子化学、有機合成化学、材料化学を基礎として、新規高分子材料の開発や新機能化合物を合成するための新規合成法や触媒の開発など、材料化学に関する総合的な教育研究を行う。

 

「環境化学教育研究分野」

 現在、地球規模で問題になっている環境問題、エネルギー問題を解決するため、電気化学、プラズマ化学、表面化学、触媒化学、無機化学を基礎として、環境浄化や省エネルギープロセスの開発、環境に優しい未来エネルギー生産技術など、環境化学に関する総合的な教育研究を行う。

 

「生命化学教育研究分野」

 近年のバイオテクノロジーの急速な発展に寄与するため、生化学、分子生物学のみならず、計測化学、細胞生理学、生物有機化学、バイオエレクトロニクスを基礎として、バイオセンサの開発、生体情報の伝達機能の解明、遺伝子発現機構の解明など、生命化学に関する総合的な教育研究を行う。

 

3.ディプロマ・ポリシー(DP)

 学位の授与については,大学院学則に規定された単位を修得し,独創的研究に基づく博士論文を提出して所定の審査(主査1名・副査4名の計5名で構成される博士学位論文審査委員会の決定ならびに応用化学専攻会議の決定を基に工学研究科教授会において記名投票による最終審査を行い,学位授与の可否を決定している。)に合格し,高度な専門性を担う能力と知識を身につけていることを要件とする。



ページの先頭へ