大学案内

埼玉工業大学3つの方針-工学部生命環境化学科

1.アドミッション・ポリシー(AP)
  •  いずれの専攻においても、化学、生物学、数学、英語などの基礎学力の向上のみならず、自然科学の幅広い総合的な知識並びに実験科学等の実学に対して深い興味と素質を持ち、生命科学・環境化学・材料科学分野の発展に貢献しうる問題解決能力と実践的応用力を潜在的に併せ持つ入学生を選抜している。

     

     具体的には、次のような学生像が本学科に適合すると考える。

     

    (1)自然科学に深い興味や関心をもち、以下に例示するテーマを基盤として積極的に取り組む意欲のある人。

     ・生物や生命の仕組みの探求と機能解明、および工学的応用

     ・環境の保全(地域的・地球的視野のいずれでも)とその環境浄化技術の開発、および新エネルギー開発

     ・物質や材料の機能の解明や創製、および新素材、新規機能材料の開発

    (2)いわゆる「実験」が好きで、技術力、実践力を実社会で大いに発揮したい人。

    (3)好奇心が旺盛で、失敗を恐れず積極的にチャレンジする挑戦心に富む人。。

    (4)自らの興味に沿った活動を積極的展開し、世界を開拓したいパイオニア精神を持つ人。

    (5)身に付けた科学的知識や技術などの多彩な経験を、専門職業人として生かす意欲のある人。

 

2.カリキュラム・ポリシー(CP)
  •  生命環境化学科では、学際的・技術的・実践的な視点における自然科学の複合体系をベースとした教育研究を基礎理念に据え、「バイオ・環境科学専攻」「応用化学専攻」の2つの専攻を設置している。

     「バイオ・環境科学専攻」は、生命科学、環境科学の基礎となる化学・生物分野を複合的に網羅した実践的カリキュラムにより、バイオテクノロジーのさらなる進展や地球環境問題の解決に貢献しうる専門技術者・職業人の育成を目指す。

     「応用化学専攻」は、化学領域の基礎から専門分野を総合的に網羅した体系的カリキュラムにより、人に優しく環境に調和した新素材や新材料の開発に「化学」の力で貢献しうる専門技術者・職業人の育成を目指す。

     いずれの専攻も、化学および生物学の分野を基幹としつつも多方面の科学的要素との融合、とりわけ生命科学・環境科学・材料科学を大きな柱とした発展的な教育体制が整備されている。

     1年次には化学・生物分野を基礎とする徹底した基礎教育と実験実習の基礎を学ぶ。2年次以降は各専攻の方向性に沿ったカリキュラムにより、生命科学・環境科学・材料科学各分野の専門知識を体系的に習得するとともに、論理的な思考能力の向上を目指す。いずれの専攻のカリキュラムも、実験科目を豊富に含み、基礎から応用まで多彩な実験を習得できる点が特長である。

     4年次の卒業研究Ⅰ・Ⅱでは、1年間にわたり指導教員とマンツーマンで先端的かつ独創的な研究を行う。これにより、未知の現象に対する探求心や、問題解決能力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、応用実践能力を育むことを目標としている。

 

3.ディプロマ・ポリシー(DP)
  •  「バイオ・環境科学専攻」および[応用化学専攻]、いずれの専攻においても、化学や生物学を基軸とした体系的な教育体制の中で学修を深め、個々の専門性を高めつつ技術力を磨き、その後の卒業研究での実践力評価を経て、下記の素養を有する人物に学位を授与し、教育プログラムの完遂とする。

     

    (1)専門知識や技術を幅広い方面に生かし、種々の課題とその解決に応用する能力を有する人物。

    (2)諸問題に対して継続的に取り組み、計画的な活動を行うための専門的知識及び技術を併せ持つ人物。

    (3)論理的な記述・発表・討論を行うための、高い技術や能力を有する人物。

    (4)倫理観をもち、修得した専門知識や技術を、社会の発展や地球環境の保全に適切に生かすことができる人物。

    上記の方針に基づき、これまで、民間企業のほか、公務員、教員をはじめ、専門的研究者・技術者として社会で活躍する多彩な職業人を輩出している。



ページの先頭へ