大学案内

埼玉工業大学3つの方針-人間社会学部心理学科

1.アドミッション・ポリシー(AP)
  •  本学科では、人間の心と行動を科学的に解明する教育・研究を通じて、人間の心を深く理解し、社会に貢献できる人材を養成することを目的としています。心理学は他の学問と比べ、非常に間口の広い学際的な学問です。文系と理系という枠組みにとらわれずに、客観的な視点から自分や他者の心を理解して、仕事や社会生活に生かしたい人、あるいは、心の問題を抱えた人に対するケアやカウンセリングなどの専門職を目指す人など、多様で幅広い人材を求めています。

 

2.カリキュラム・ポリシー(CP)
  •  臨床心理学と基礎心理学の2分野をバランスよく、そして深く学ぶことのできるカリキュラム編成をしています。そのため、基礎心理学の分野では心を科学的に理解するために、知覚、学習、認知、生理心理、脳科学などの科目を学び、臨床心理学の分野では心のケアやカウンセリングを中心にした科目を学びます。

     この二つの分野の講義・実習をバランスよく学ぶことによって、人間だけでなく様々な物事を客観的にとらえる姿勢を涵養するとともに、一人一人の人間を細やかに見る目を養います。また、学生の興味と卒業後の進路希望のニーズにきめ細かく対応できるよう、「ビジネス心理専攻」と「臨床心理専攻」の2つの専攻を設けています。心理学の知識を一般企業などのビジネス場面で応用することができるようになりたいという学生を対象とした「ビジネス心理専攻」では、心理学の知識に併せて社会人として必要な心理学的技能、ビジネスシーンにおけるその応用を学ぶことのできるカリキュラム構成になっています。臨床心理学の専門知識や技能を要求される臨床心理士や公認心理士などの専門職に就きたいという学生を対象とした「臨床心理専攻」では、心理学の基礎と応用を深く学ぶことのできる科目が用意されています。また、臨床場面で必要とされる知識の修得だけでなく、必要とされる技能を修得するための実習も設定されています。

 

3.ディプロマ・ポリシー(DP)
  •  次のような要件を満たしていることが、学位授与の条件となります。

     

    ・心理学の専門科目、実習科目を履修することにより、心理学の専門的知識と心理的データの測定と解析技法を身につけている。

    ・さまざまな「心の問題」に対して科学的な説明を行える思考能力を持ち、それらの問題への対処方法を見出すことができる。

    ・社会生活において、協調性と倫理性を保ちながら「心の問題」に対処できる実践能力を有している。

     

    これらの知識と能力の修得については、所定の単位取得と、実験・調査を実施して得た客観的なデータを心理学の広い知見に基づいて分析、考察する卒業研究によって認定されます。



ページの先頭へ