生命環境化学科 サマースクール

生命環境化学科(バイオ・環境科学専攻/応用化学専攻)が主催する、高校生向けのサマースクールです。参加日及び、(1)・(2)から1コースと、(3)・(4)から1コースを選択してご参加ください。
複数日の参加も可能です。
※選択した2コースを 1日(午前・午後)で実施します。

本サマースクール受講者は、AO入試において生命環境化学科を受験する場合、AO入試(全期)での課題審査が免除されます。

※平成28年度サマースクールは全日程に於いて申込を終了しました。

 

日程

  第1回 第2回 第3回 第4回
開催日 7月17日(日) 8月4日(木) 8月7日(日) 8月24日(水)
時間 10:00~15:00
(昼食/12:00~13:00※昼食はこちらで準備いたします)
場所 生命環境化学科 各研究室
参加費用 無料(但し、交通費は参加者負担とします)

※開催の内容は、下記の表を参照してください。

※詳細は変更になる場合があります。

コース名・概要 定員
A.生物の観察と
バイオテクノロジー
ミクロの世界をのぞいてみよう
光学顕微鏡の世界

湖沼や池の水の中にはたくさんの微小な動植物が生息しています。これらの生物を顕微鏡で観察し、CCDカメラで撮影してみましょう。
10名
科学調査に挑戦!!
DNA鑑定をしてみよう

テレビでもよく話題になるDNA鑑定。原理と仕組みを体験してみよう。あなたも科学捜査官になれるかも?
10名
DNAを採ってみよう!!
身近な言葉になってきているDNAを実際に採ってみて、自分の目で確認しましょう。上手に採れれば、持って帰ることもできます
10名
B.環境にやさしい科学技術 光を使って環境を浄化しよう!!
太陽の光や照明の光は、実は環境を浄化するためのエネルギーの宝庫なのです。そんな光のエネルギーを使って、環境ホルモンなど身のまわりの様々な有害物質をきれいにしてみよう。
10名
温室効果ガス!!
二酸化炭素(CO2)は温室効果ガスとして知られています。君の吐き出すCO2の量を測ってみよう。
10名
身近な食品で電池を作ろう !!
電気を使うために利用する「電池」、これを身近な食品を使って製作してみましょう。
10名
C.新素材・化学の
不思議
生体分子を材料に!!
バイオセンサやバイオ電池をつくってみよう!!

細胞の中で働くタンパク質(酵素)を材料として利用し、特定の成分を検知するバイオセンサや、ジュースで発電するバイオ電池をつくってみましょう。
6名
液晶を並べて玉虫の色を
作り出そう!

テレビやスマートフォンに搭載されているディスプレイの代名詞『液晶』を使って、色がない液晶分子を上手く並べると発色する現象を体験してみよう。
10名
化学分析に挑戦!!水の中に溶けている物質を調べよう!!
透明な水の中にも、見えないだけでいろいろな物質が溶けています。クロマトグラフィーを使って何が溶けているか調べてみよう!!
10名
結晶はどうやってできてるの?
宝石、塩の結晶、ミョウバンなど…結晶の骨格となる原子・分子の形を特殊な装置を使って見てみよう。
10名

 

参加・お申し込み方法

予約制ですので、参加を希望される方は、以下の内容を申し込みフォーム・E-mailで送信してください。

※平成28年度サマースクールは全日程に於いて申込を終了しました。

お問合せ先
埼玉工業大学 「生命環境化学科サマースクール係」
TEL.048-585-6819 E-mail

 

ページの先頭へ