情報システム学科 サマースクール

情報システム学科(IT専攻/電気電子情報専攻)が主催する、高校生向けのサマースクールです。参加日及び、16コース(A~P)の中から1コースを選択して、ご参加ください。
複数日の参加も可能です。

本サマースクール受講者は、AO入試において情報システム学科を受験する場合、AO入試(全期)での課題審査が免除されます。

 

日程

  第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回
開催日 6月18日
(日)
7月24日
(月)
8月4日
(金)
8月7日
(月)
8月18日
(金)
8月24日
(木)
10月1日
(日)
開催コース C・F・H・L・M A・G・H・L・N・P D・G・I・J・L・O E・G・L・M B・E・K・L・N D・J・L・M・P A・D・G・L・O
申込締切日 6月15日(木) 7月20日(木) 8月1日(火) 8月3日(木) 8月14日(月) 8月21日(月) 9月28日(木)
時間 10:00~15:00
(昼食/12:00~13:00※昼食は大学で準備いたします)
場所 情報システム学科 各研究室 及び 情報基盤センター
参加費用 無料(但し、交通費は参加者負担とします)

※開催の内容は、下記の表を参照してください。

※詳細は変更になる場合があります。

コース名・概要 定員
プログラミング A.シューティングゲーム・プログラミング
自機の位置は「変数」で、敵の動きは「関数」で、当たり判定は数学で…。シューティングゲームには、プログラミングに必要なエッセンスがたっぷり。「こう変えればこう動くかな?」的な、習うより慣れろ作戦でこれらを学びましょう。
特に
なし
B.手作りプログラミングによる顔写真の加工ゲーム
顔写真を加工するプログラムの作成を体験します。作成したプログラムで楽しい写真を作りましょう。結果がすぐ目で見える画像処理のプログラミングで、工学部におけるモノづくりの楽しみの一端を体験しましょう。
特に
なし
C.プログラミングで数学的な考え方を深めよう
これまで皆さんが学んできた計算や簡単な数学的要素のある問題について考えてみましょう。ここでは、プログラムという言葉を使ってコンピュータと話し合いながら、数学的、論理的な考え方が深まっていくことを体験しましょう。
特に
なし
人工知能・AI D.人工知能を体験しよう
私たちの身の回りにさまざまな形で役に立っている人工知能。この技術がどのように利用されているかを知り、また簡単なシミュレーションで体験してみましょう。
特に
なし
Webページ E.プログラミングを組み込んだWeb ページを作成しよう
Web ページ(ホームページ)を作成します。基本の文字や画像を表示するだけでなく、描画のプログラミングを組み込むことにより、Webページでの表現を広げていきます。動きのある楽しいWebページの作成を体験しましょう。
特に
なし
マルチメディア F.3D グラフィックを描こう
メタセコイヤを使って、3Dグラフィックを描きます。自由な発想で仮想空間にロボットを描いてみましょう。
特に
なし
G.3D・4D 画像処理
中身が空っぽの「サーフェスデータ」、中身の詰まった「ボリュームデータ」、さらに「動きデータ」など、3D・4D画像の作成・可視化・解析やそのコンピュータプログラミングを体験してみましょう。
10名
まで
ネットワーク H.ネットワークプログラミングを体験しよう
インターネットサービスの基礎となっているネットワークプログラミング技法を学びます。ネットワークを通じたインタラクティブなコンテンツ作成も行います。
8名
程度
I.光デジタル信号の性能を測ろう
デジタル信号の性能は、ビット誤り率で表されます。信号対雑音比に依存してどのように誤り率が変わるか、雑音量を変化させて実際に測ってみましょう。
5名
程度
エレクトロニクス J.LED を使って実験をしてみよう
発光ダイオード(LED)は携帯電話のバックライト、信号機、照明器具など身の回りで使用される機会が増えています。このコースではLEDを光らせる回路を作ってみます。
5名
程度
K.電波で遊ぼう
実験を通して電波の発生を体験します。簡単な装置を使って携帯電話の電波を探ります。簡単な工作をして電波を体験します。
5名
程度
L.プラズマを見てみよう
簡易分光器でプラズマを観察し、そこから得られる情報から、プラズマ内部で起こっていることを調査していきます。簡易分光器は各自で組み立ててもらいますが、持ち帰れますので、これで身の回りの様々なものを観察してみてください。
10名
まで
M.ラジオを作ろう
ラジオ放送の仕組みをちょっとだけ学んでから、ゲルマニウムラジオを作ろう。電池を使わなくても、ラジオが聞こえるよ。作った物は持って帰れます。
10名
程度
エネルギー N.電流でサンマを焼く
抵抗に電流を流すと熱が発生します。これを応用して、サンマに電流を流してサンマを焼こう。焼けたサンマは試食できます。
10名
程度
O.燃料電池や風車でエネルギーを作ろう
燃料電池は家庭に普及し始め、燃料電池で動く自動車も市販されました。また、街中を見渡すと色々な形の風車が目に付きます。オムツの吸収剤に使われている超吸収性樹脂で燃料電池を作ったり、紙コップで風車を作って、電子オルゴールを鳴らしたりLEDを光らせよう。
10名
程度
P.身近なもので太陽電池を作ろう
本当に野菜、花、化粧品を使って簡単に太陽電池を作れるの? 本当です。手軽に簡単に作れます。野菜、花、化粧品等を使って、太陽電池を作って発電してみよう。
5名
程度

 

参加・お申し込み方法

予約制ですので、参加を希望される方は、以下の内容を、お電話・申込フォーム又はE-mailにてお申込みください。

申込方法
  1. 参加者氏名
  2. 自宅住所
  3. 電話番号(自宅or携帯)
  4. E-mailアドレス
  5. 高校名
  6. 在学学年又は卒業年
  7. 参加日・希望コース(A~P)の中から1コース

以上を明記の上、お電話・申込フォーム又はE-mailにてお申込みください。

※希望者多数の場合、ご希望に添えない場合がございますのであらかじめご了承ください。

宛先
「情報システム学科 サマースクール係」
申込み先
お申込みフォーム
E-mail
申込み期間

上記日程表をご確認ください。

お問合せ先
埼玉工業大学 「情報システム学科サマースクール係」
TEL.048-585-6402 E-mail

 

ページの先頭へ