研究活動

人間社会研究科

大学院・人間社会研究科 IT・マネジメントのプロフェッショナルや人の心の専門家・臨床心理士を輩出する高度な専門研究

国際化、情報化により、価値観が多様化した現代社会においては、高度な研究活動を通じて修得した多くの技能を生かすことができる即戦力、また人格的にも優れた人材が求められています。本大学院人間社会研究科では、「情報社会専攻」と「心理学専攻」の2専攻において、各専攻分野で活躍するプロフェッショナルが教員として多数在籍。人間について、また、人間と社会の関わりを深く総合的に理解し、社会のニーズに対応できる高度な専門的職業人や研究技術者を育成することを目的としています。同時に、地域の研究拠点としても期待されています。

大学院・人間社会研究科

情報社会専攻

人間、情報および社会の関わりを深く総合的に理解し、社会の要請に適切に対応できる高度な専門的職業人や研究技術者を育成することを目的としています。この目的を実現するために本専攻では情報社会システム教育研究分野およびディジタル・クリエーター教育研究分野を設けています。

本専攻では、情報技術・法律・経営に関する高度な知識と技術力を身に付ける「情報社会システム教育研究分野」と、CG・映像・音楽を用いた豊かな創造力と構想力を身に付ける「ディジタル・クリエーター教育研究分野」を通じ、両分野における優れた人材の養成を目指しています。「情報社会システム教育研究分野」では、行政知識と経営知識、および、情報技術の修得を知識基盤とした行政情報システムやビジネス情報システムの創成を担う人材を養成します。修了後にはITプロジェクト・マネージャーやITコンサルタント、CIO(情報統括責任者)など、高度な専門的職業人として活躍が期待されます。「ディジタル・クリエーター教育研究分野」では、コンピュータ・グラフィックス、コンピュータ・ミュージック、マルチメディアといった最先端のスキルを基礎に、ディジタル・クリエーターの養成を目指します。映像・音響制作から企業や行政の広報、マスコミ関連の企業などでの活躍が期待されます。

心理学専攻

複雑・多様化が進む現代社会において、心理学の役割は、ますます大きくなっています。本専攻は、社会の求める様々な心理的ニーズに対応し、実験心理学教育研究分野と臨床心理学教育研究分野の2分野を設けています。人の心の動きを様々な科学的手法を使って解明できる専門的知識と技術を持つ臨床心理士等の高度な専門的職業人や研究技術者の人材を養成しています。

本専攻では、実験心理学に関連する最先端の研究施設や臨床心理センターを活用し、「実験心理学教育研究分野」と「臨床心理学教育研究分野」の2分野を有し、少人数による徹底した教育研究を行っています。人間の行動を科学的に解明し、高度な専門知識と技能をもった研究技術者や臨床心理士の養成を目指しています。「実験心理学教育研究分野」は、脳科学・認知科学・行動科学の実験心理学3領域における最新の知見や方法の研究指導を行い、自ら研究を進めていける研究技術者の養成を目指しています。「臨床心理学教育研究分野」は、より高度な専門性が必要とされる臨床心理士の養成を目的としています。本学大学院は、臨床心理士資格認定協会より、第1種臨床心理士養成課程の指定を受けており、本学からも試験を突破して臨床心理士が誕生しています。また、心理相談施設としての役割を担っている「埼玉工業大学臨床心理センター」は、臨床心理学教育研究分野大学院生の臨床実習施設としての重要な役割も果たしています。

 

情報社会専攻

  情報社会システム教育研究分野 ディジタル・クリエーター教育研究分野
演習科目 特別研究 特別研究
  • 情報社会特別演習I~IV
  • 情報社会システム創造プロジェクト特別演習I~IV
  • 文化研究特別演習
  • 情報表現特別演習I〜IV
講義科目
  • 情報社会特別輪講
  • 社会シミュレーション特論
  • システム開発方法特論
  • ネットワーク・システム特論
  • 意思決定支援システム特論
  • 地域情報化特論
  • 経営情報システム特論
  • 企業戦略特論
  • e-ビジネス特論
  • 文化研究特別輪講
  • 知覚心理学特論
  • イメージ創造特論
  • マルチ・メディア情報処理特論
  • 映像情報特論
  • ディジタル音響表現特論
  • メディア作曲法特論
情報社会
専攻共通
演習
  • 人間学特別演習I(宗教)
  • 人間学特別演習II(東洋思想)
  • コミュニケーション特別演習I
    (英語資料演習)
演習
  • コミュニケーション特別演習II
    (Academic Writing)
  • コミュニケーション特別演習III
    (異文化理解)
  • 知識情報特別演習
講義
  • 情報セキュリティー特論
  • 知的財産権特論
講義
  • ヒューマン・インターフェース特論

心理学専攻

  実験心理学
教育研究分野
臨床心理学
教育研究分野
実験・
実習科目
特別研究 特別研究
  • 実験心理学特別実験I
  • 実験心理学特別実験II
  • 臨床心理学基礎実習I
  • 臨床心理学基礎実習II
  • 臨床心理実習I
  • 臨床心理実習II
演習科目
  • 生理心理学特別
    演習(脳科学領域)
  • 神経生理学特別
    演習(脳科学領域)
  • 認知心理学特別
    演習(認知科学領域)
  • 知覚心理学特別
    演習(認知科学領域)
  • 視覚情報処理心理
    学特別演習(認知科学領域)
  • 学習心理学特別
    演習(行動科学領域)
  • 老年心理学特別
    演習(行動科学領域)
  • 臨床心理査定
    特別演習I
  • 臨床心理査定
    特別演習II
講義科目
  • 実験心理学特別輪講I
  • 実験心理学特別輪講II
  • 生理心理学特論
    (脳科学領域)
  • 神経生理学特論
    (脳科学領域)
  • 認知心理学特論
    (認知科学領域)
  • 知覚心理学特論
    (認知科学領域)
  • 視覚情報処理特論
    (認知科学領域)
  • 学習心理学特論
    (行動科学領域)
  • 老年心理学特論
    (行動科学領域)
  • 心理学研究法特論
  • 社会心理学特論
  • 犯罪心理学特論
  • 障害者(児)
    心理学特論
  • 臨床心理学研究法
    特別輪講
  • 臨床心理学特論I
  • 臨床心理学特論II
  • 臨床心理面接特論I
  • 臨床心理面接特論II
  • 心理学研究法特論
  • 学習心理学特論
  • 認知心理学特論
  • 犯罪心理学特論
  • 社会心理学特論
  • 神経生理学特論
  • 老年心理学特論
  • 障害者(児)
    心理学特論
  • 心理療法特論
  • 学校臨床心理学特論
  • グループ・アプローチ
    特論
  • 精神医学特論
  • 箱庭療法学特論
  • 思春期・青年期
    カウンセリング特論
  • 乳幼児心理学特論I
  • 乳幼児心理学特論II

研究科共通

人間学特別輪講 コミュニケーション特別輪講 知識情報特論

人間社会研究科



ページの先頭へ