研究室ガイド

機械工学科

流体力学研究室

研究室写真

超音速気体力学(特にノイマン・パラドクス問題や衝撃波現象に関する実験的研究)を中心として、広く流体現象全般について扱っています。卒業研究では、衝撃波研究の最先端から細い管路を流れるマイクロ流体に近い低レイノルズ数流れ、流体音の発生機構に関する基礎研究、ラジコン技術を利用した小型飛行機の設計・製作なども手がけてきました。

主な研究テーマ

  1. 衝撃波の斜め反射現象
  2. 衝撃波の透過波に関する基礎研究
小林 晋 教授

E-mail

ホームページ

小林 晋 教授
専門分野
圧縮性気体力学、特に衝撃波現象
担当科目
流体力学及び演習I、流体力学及び演習II、微分方程式、工学実験II、工学プロジェクト、プレゼンテーション技法、卒業研究
教育研究業績
学位・教育研究業績等

熱工学研究室

研究室写真

排出ガス濃度の予測を含め、シリンダ内圧力・温度、熱発生率等の舶用ディーゼル機関の性能をシミュレートする目的で、実用的なサイクルシミュレーション手法を開発しています。また、噴霧燃焼実験を行い、実験結果からシミュレーションに使用する様々な実験式を導出する取り組みも行っています。研究成果はすでに機関性能を学習するための教育用ソフトとして実用化されています。

主な研究テーマ

  1. 舶用ディーゼル機関のサイクルシミュレーション手法の開発
  2. 舶用ディーゼル噴霧の燃焼基礎研究
  3. シミュレーションソフトの教育への応用
小西 克享 教授

E-mail

ホームページ

小西 克享 教授
専門分野
内燃機関工学、燃焼学
担当科目
設計製図II、電子工作実習、機械工学プロジェクト、プレゼンテーション技法、卒業研究、内燃機関特論(院)
教育研究業績
学位・教育研究業績等

エネルギーシステム研究室

研究室写真

次世代ロケットであるハイブリッド・ロケットの最適設計には、固体燃料の燃焼速度の予測が重要です。ハイブリッド・ロケットの研究では、その燃焼速度モデルを構築するために、小型ロケット燃焼実験やシミュレーション燃焼実験を行っています。教材用ロボットは、低価格でありながら、その中にメカトロ制御の要素技術を有し、効率よくメカトロニクスを学習できます。研究室では、マイコンカー、マイクロマウス、ロボトレース競技にオリジナルマシンで参加し、教育的効果を上げています。スターリングエンジンカーの製作では、環境にやさしいスターリングエンジンを使ったモデルカーの製作を通して、熱力学の基礎やものづくりの基本を学んでいます。

主な研究テーマ

  1. ハイブリッド・ロケットの研究
  2. 競技用ロボットの製作
  3. ロボットの教育的利用に関する研究
  4. スターリングエンジンカーの製作
石原 敦 教授

E-mail

ホームページ

石原 敦 教授
専門分野
ロボット教育、燃焼工学、 熱力学
担当科目
ロボット学概論、ロボット製作法、ロボット製作演習、熱力学、 熱力学演習、移動ロボット・プロジェクト
教育研究業績
学位・教育研究業績等

材料力学研究室

研究室写真

 コンピュータを利用して機械分野の設計および生産現場の問題を解決するため、計算力学によるシミュレーションと最適化技術を組合せて、強度剛性、振動噪音や衝突特性等問題の解析、3次元複雑構造の形状最適設計、折紙工学を利用した新型自動車車体構造の開発、樹脂射出成形やダイカスト鋳造など生産工程の最適化、複合材料からなる板シェル構造の最適設計など、幅広く研究活動を展開しています。

主な研究テーマ

  1. 折紙工学を利用した新型自動車車体の軽量化と衝突性能向上
  2. 構造形状最適化、樹脂射出成形やダイカスト鋳造など生産工程の最適化
  3. 複合材料からなる板シェル構造の力学特性解析と最適設計
趙 希禄 教授

E-mail

趙 希禄 教授
専門分野
機械系CAE、最適設計、振動噪音、計算力学
担当科目
材料力学および演習、工業力学および演習、材料力学特論、最適設計特論、機械工学実験、機械工学プロジェクト、プレゼンテーション技法、卒業研究など
教育研究業績
学位・教育研究業績等

材料強度学研究室

研究室写真

製品になるまでの加工プロセスでは材料の塑性変形が起こっており、それらはほとんどの場合転位のすべり運動によって担われています。本研究室では、その転位の運動に基づいた材料の塑性変形に関する特性について調べています。例えば、不純物や母材の種類を変えてその不純物の周りの歪の大きさや形が変化すると変形特性がどのようになるのか?同じ材料でも熱処理条件(試料の履歴)を変えることによって変形特性がどのようになるのか?などの研究を行っています。

主な研究テーマ

  1. 結晶中の不純物サイズによる変形特性への影響に関する研究
  2. X線照射したアルカリハライド単結晶中の転位と点欠陥との相互作用に関する研究
  3. 金属材料を試料とする超音波振動応力付加下での歪速度急変試験装置の模索
上月 陽一 教授

E-mail

ホームページ

上月 陽一 教授
専門分野
材料強度学
担当科目
材料力学及び演習I、機械材料、塑性加工、機構学、工学実験I、プレゼンテーション技法、工学プロジェクト、卒業研究I・II
教育研究業績
学位・教育研究業績等

成形技術研究室

研究室写真

機械設計、CAD/CAE、金型(プラスチック射出成形、鋳造)及び品質工学等を用いた最適化設計に関する技術を主体として実用化研究を意識した研究を展開したい。ものづくりに関する企業活動において重要なことは“利益を出す事”、“社会のニーズに対応している事”である。これらを実現するためには最適な設計や加工に関する知識、社会のニーズに対応するためには情報収集や企業とのコミュニケーションが重要である。
本研究室では各種加工に関する金型設計、CAD/CAEに関する知見を深め、ものづくりプロセスを理解することで企業の求める人材の育成を目指します。

主な研究テーマ

  1. プラスチック射出成形加工・砂型鋳造加工における解析及び計測に関する研究
  2. 金型設計・加工及び最適化設計手法に関する研究
  3. CAD/CAEを活用した実用化設計に関する研究
福島 祥夫 教授

E-mail

福島 祥夫 教授
専門分野
機械設計、CAD/CAE、品質工学
担当科目
機械設計及び演習、CAD基礎製図、工学プロジェクト
教育研究業績
学位・教育研究業績等

機械力学研究室

研究室写真

我が国は世界でも有数の地震国であり、全世界で発生するM6以上の地震の20%以上が日本で発生しています。このような地震の被害を低減させる技術として、「耐震」、「免震」、「制振」等があります。本研究室では、構造物がどれくらいの揺れに耐えられるのか(耐震性)の評価や、構造物に地震動を伝えない技術(免震)、構造物の揺れを抑制する技術(制振)などの研究を行っています。

主な研究テーマ

  1. エネルギーによる耐震性評価に関する研究
  2. 大地震時の免震装置の挙動に関する研究
  3. 自動車の振動特性に関する研究
皆川 佳祐 准教授

E-mail

ホームページ

皆川 佳祐 准教授
専門分野
機械力学、 地震工学、振動工学
担当科目
機械力学I・II、数値計算法、工学実験II、工学プロジェクト、卒業研究 など
教育研究業績
学位・教育研究業績等

ロボットデザイン研究室

研究室写真

制御機械システムにおける機構系と制御系を統合的に設計することにより、両系を区別して設計する従来の設計手法の限界をブレイクスルーする設計技術の確立を目指しています。
特に、柔軟性を積極的に利用することにより構造に新しい機能をもたせるコンプライアントメカニズム、機能的連続体、連続体ロボットなどの機構系と制御系の統合化設計の研究を行っています。

主な研究テーマ

  1. 機能的可変柔軟構造とその制御系の統合化設計
  2. 産業用小型電動ロボットハンドの開発
  3. 低侵襲外科手術用柔軟鉗子の開発
  4. 農業用ロボットの開発
安藤 大樹 准教授

E-mail

ホームページ

安藤 大樹 准教授
専門分野
機械力学、制御工学、システム設計工学
担当科目
メカトロニクス、ロボット工学、Cプログラミング
教育研究業績
学位・教育研究業績等

熱エネルギー工学研究室

研究室写真

熱力学や伝熱工学を中心にした水素貯蔵・輸送方法、水素吸蔵合金を用いた熱駆動型冷凍機や燃料電池自動車への水素充填方法の開発、また、2成分系の高沸点ガス露点推算法の開発など、近い未来の水素社会に貢献することができる技術の開発を目指し、次世代エネルギーである水素エネルギーの有効利用に関する研究に取り組んでいます。 本研究室では主に熱力学・伝熱工学に基づき解析・実験モデルを構築し、数値シミュレーションと実験を通して研究開発を進めています。また、熱解析用数値解析ソフトウェアの開発なども行っています。

主な研究テーマ

  1. 水素エネルギーの有効利用に関する研究
  2. 水素吸蔵合金を用いた水素貯蔵・輸送方法の開発
  3. 温度計測・熱物性値計測に関する研究
髙坂 祐顕 准教授

E-mail

髙坂 祐顕 准教授
専門分野
熱力学、伝熱工学、音響工学
担当科目
伝熱工学、設計製図I、工学実験II、プレゼンテーション技法、工学プロジェクト、卒業研究
教育研究業績
学位・教育研究業績等

機械工作研究室

研究室写真

塑性加工される材料の振る舞いを理論的、実験的に調べることにより、塑性加工を用いた成形手法の探究に取り組んでいます。

主な研究テーマ

  1. 薄板の深絞り加工
  2. 薄板の曲げ加工
  3. パイプの曲げ加工
高橋 俊典 講師

E-mail

高橋 俊典 講師
専門分野
塑性加工
担当科目
工学実習I、 工学実習II、工学プロジェクト
教育研究業績
学位・教育研究業績等

マイクロ・ナノ工学研究室

研究室写真

医師が聴診器を用いて人間の健康状態を診断するように、材料の変形・破壊時に発生する弾性波(AE波)を検出して機械システムの認識・評価することを考え、特にトライボロジー(摩擦・摩耗)現象や加工現象とAE波の関係を調べています。また、200年以上も研究されていますが、未だ解明されていない部分が多く残る摩擦・摩耗現象の究明を行っています。様々な機械や現象の診断・評価に取り組んでいるため、患者に接して診断や治療などを施す臨床医学に例えて、当研究室のキャッチコピーを“機械の臨床医チーム”としています。

主な研究テーマ

  1. アコースティックエミッション(AE)法による加工状態監視および工具摩耗評価
  2. AE法を用いた摩擦・摩耗現象の認識と評価
  3. トライボロジー現象(凝着摩耗機構や摩擦磁化現象など)の解明
  4. 凝着摩耗過程の分子動力学シミュレーション
長谷 亜蘭 講師

E-mail

ホームページ

長谷 亜蘭 講師
専門分野
機械加工、 トライボロジー、科学教育
担当科目
機械工学概論、工作機械、精密加工学、生産工学、機械工学実験・実習、機械工学プロジェクト、トライボロジー特論
教育研究業績
学位・教育研究業績等

制御工学研究室

研究室写真

制御は機械の性能向上など産業技術の発展に貢献している重要な技術です。当研究室では、新しい制御の理論や技術の研究、さらに実システムへの応用に関する研究に取り組んでいます。制御を用いることで、社会の役に立つことを目指しています。

主な研究テーマ

  1. モータ制御に関する研究
  2. 移動機構に関する研究
  3. PID制御に関する研究(比例-積分-微分を用いた制御)
  4. 制御対象の特徴を利用した制御系設計法に関する研究
  5. 時間遅れがあるシステムの制御に関する研究(遠隔操作など)
萩原 隆明 講師

E-mail

萩原 隆明 講師
専門分野
制御工学
担当科目
制御工学及び演習I・II、工学実験I、工学プロジェクト、コンピュータ・プログラミング、卒業研究
教育研究業績
学位・教育研究業績等

高速流体工学研究室

研究室写真

衝撃波工学、高速流体工学と異分野融合による学際的研究および応用研究を行い、技術革新の創出を目指しています。本研究室では気体、液体、固体中の衝撃波を伴う様々な高速流体現象の解明を行い、1.伝播する衝撃波圧力を減衰させる革新的機構の研究、衝撃圧減衰ヘルメットの研究開発、2.極短時間での高圧を得られる衝撃波圧力を利用した革新的破砕法の確立に関する研究・応用研究および殺菌技術の応用研究などを行っています。
本研究室では「ものづくり」や「イノベーション創出」に要する問題発見能力・解決能力、および創造力を備えた産業界で活躍できる技術者、研究者の育成を目指します。

主な研究テーマ

  1. 複雑媒体中、混相媒体(気体、液体、固体)中の衝撃波現象の解明と学際応用
  2. 衝撃波による外傷性脳損傷の低減を目指した衝撃圧減衰ヘルメットの研究開発
  3. 衝撃波工学と異分野融合による革新的破砕法の確立およびリサイクル技術、加工技術への応用研究
  4. 衝撃波圧力による革新的殺菌技術の応用研究
小板 丈敏 講師

E-mail

小板 丈敏 講師
専門分野
高速流体力学、衝撃波工学
担当科目
流体力学及び演習I、工学実験I、空気力学、流体機械、応用数値計算法、工学プロジェクト、プレゼンテーション技法、卒業研究
教育研究業績
学位・教育研究業績等


ページの先頭へ