研究室ガイド

生命環境化学科

プラズマ環境化学研究室

研究室写真

「オリジナルな発見はオリジナルな実験装置によってこそ生まれる」。これは研究室のモットーです。どんな小さなアイデアでもよいから、独自のものを工夫し、自信と誇りをもつことを奨励しています。当研究室では、電気的に中性の電離気体として知られるプラズマや、光、電気、また、ナノバブルと呼ばれるウィルスと同じかそれより小さいサイズの泡を応用した研究開発を進めています。特に、炭素繊維でできたカーボンフェルトを用いる大気圧マイクロ波加熱およびプラズマの応用研究は興味深いものです。海洋からのエネルギー資源の回収、廃プラスチックの資源ガス化、希少金属の回収などに利用することを考えています。また、ダイヤモンドカーボンなど種々の機能性材料を創り出す技術として応用することもできます。いろいろな可能性を秘めたプラズマに是非チャレンジしてみてください。

主な研究テーマ

  1. プラズマの環境・資源・エネルギーへの応用プラズマによる機能性材料の創製
  2. マイクロ波加熱の水処理への応用
  3. 低温プラズマを用いる機能性表面の創製
  4. ナノバブルの水環境浄化への応用 など
矢嶋 龍彦 教授

E-mail

ホームページ

矢嶋 龍彦 教授
専門分野
プラズマ化学、表面化学、電気化学、資源エネルギー化学、環境化学
担当科目
展開化学、資源エネルギー化学など
教育研究業績
学位・教育研究業績等

有機化学研究室

研究室写真

有機リチウム化合物は非常に反応性に富み、有機合成には欠かせない化合物です。その中でもリチウムアルキルアミド化合物は超強塩基化合物として有機合成に広く利用されていますが、その反応機構などについては、いまだ明らかにされていない部分があります。本研究室ではその反応機構、新規化合物合成への応用を、実験、理論計算の両面から追求しています。

主な研究テーマ

  1. リチウムアルキルアミド触媒の反応機構
  2. ビニルアゾール類とリチウムアルキルアミドの反応
  3. フラン環とリチウムアルキルアミドの反応
浜名 浩 教授

E-mail

浜名 浩 准教授
専門分野
有機化学、分析化学
担当科目
機器分析、生命環境化学基礎実験I、基礎科学計算 など
教育研究業績
学位・教育研究業績等

細胞分子生理学研究室

研究室写真

味は、甘味、うま味、苦味、塩味、酸味に大別されます。舌にはこれらの味物質を受容する味覚受容体が存在し、情報を脳へ伝えます。近年、この味覚受容体が全身の様々な臓器に存在することが明らかになってきました。当研究室では、舌上の味蕾あるいは味蕾細胞がどのような仕組みで味を感じるのか、味覚器以外に存在する味覚受容体にどのような役割があるのかなど、味覚に関するテーマを中心に生体の仕組みを探っています。

主な研究テーマ

  1. 味蕾内ネットワークに関する研究
  2. 味蕾細胞内情報変換機構に関する研究
  3. 味覚器以外に発現する苦味受容体の機能解明に関する研究
熊澤 隆 教授

E-mail

ホームページ

熊澤 隆 教授
専門分野
感覚生理学、神経科学
担当科目
基礎生物学、生命の科学、生化学Ⅱ(代謝)、神経生物学、生物学実験 など
教育研究業績
学位・教育研究業績等

合成化学研究室

研究室写真

プラスチック、洗剤、医薬品、合成繊維…私たちの身の回りは有機化合物にあふれています。高機能をもつ有機化合物を安く大量に生産するのに金属触媒は欠かせません。どんな金属触媒(コバルト、ロジウム、パラジウム…)をどのような条件(温度、圧力、共存物質…)で用いればよいか、あるいはこれまで人工的な合成手法が無かった化合物を合成する新規反応はないものか、こういった研究に取り組んでいます。

主な研究テーマ

  1. 金属錯体触媒を用いるカルボニル化反応の開発
  2. 新規な共役化合物合成ルートの開発
  3. 脱カルボニル化反応を用いた有機合成手法の開発
岩崎 政和 教授

E-mail

ホームページ

岩崎 政和 教授
専門分野
有機金属化学、合成化学
担当科目
有機化学Ⅰ、無機化学Ⅲ、生命環境化学基礎実験Ⅱ など
教育研究業績
学位・教育研究業績等

バイオ機能デバイス研究室

研究室写真

タンパク質や核酸に代表されるバイオ分子の優れた物質識別能力や触媒能力を工学的に応用し、電気化学デバイスと組み合わせたバイオセンサやバイオデバイスの開発に関する研究を行っています。これまでに、1) 機能改変酵素、2) 触媒機能を付与したDNAフィルム、3) バイオ分子を固定化した多孔性導電性材料を利用したFIA式バイオセンサを開発してきました。今後は、バイオ分子の機能改変メカニズムやデバイス表面のバイオ分子のナノ構造を解明するとともに、医療、食品、環境、新エネルギー分野における実用的ニーズにマッチした新規バイオ機能デバイスの開発を目指します。

主な研究テーマ

  1. 電気化学式バイオセンサ・バイオ電池の開発
  2. 化学的手法によるタンパク質の機能改変とその応用
  3. 分光学的手法によるタンパク質-リガンド相互作用の解析
長谷部 靖 教授

E-mail

ホームページ

長谷部 靖 教授
専門分野
バイオエレクトロニクス(生物電子工学)、応用生体分子化学
担当科目
生体機能工学、免疫学、基礎化学、展開化学、基礎化学実験 など
教育研究業績
学位・教育研究業績等

遺伝子工学研究室

研究室写真

遺伝子の遺伝情報は、メッセンジャーRNAに転写され、タンパク質に翻訳されて発現します。
当研究室では、遺伝子の塩基配列、特にタンパク質合成の開始の合図となる開始コドン周辺の塩基配列に注目し、どのような配列にすると大量に発現させることができるのかを研究しています。また、好熱菌の酵素のように、安定で有用なタンパク質を遺伝子工学の手法を用いて、大腸菌内で大量に発現する研究も行っています。

主な研究テーマ

  1. 好熱菌由来の酸化還元酵素遺伝子の大腸菌内での大量発現
  2. 遺伝子上の塩基配列とその発現効率との関係の解明
  3. プリンヌクレオチドの生合成中間体の簡便な化学合成法の開発
石川 正英 教授

E-mail

ホームページ

石川 正英 教授
専門分野
分子生物学、遺伝子工学、生物有機化学
担当科目
生命の科学、生化学I、生化学III、バイオテクノロジー、生命環境化学専門実験II、卒業研究など
教育研究業績
学位・教育研究業績等

微生物応用研究室

研究室写真

ノーベル賞の対象となった大村智博士の発見にも見られるように、「微生物を対象とする研究」は我々の生活の向上に大きく貢献してきました。微生物の有する多彩な機能を農業、食品、化学、環境、健康の各分野に応用するための研究は現在も世界で盛んに推し進められています。我々の研究室では先端バイオテクノロジーを用いて、自然界から有用微生物を探索し、そこから機能性物質(創薬リード化合物など)や有用酵素などを発見する研究を進めています。さらに産業用酵素の構造や性質を解析することで酵素の改良や大量生産へと導くための研究も進めています。

主な研究テーマ

  1. 自然界からの有用微生物の探索
  2. 微生物から機能性物質および有用酵素の探索
  3. 産業用酵素の性質解析、改良、大量生産検討
秦田 勇二 教授

E-mail

ホームページ

秦田 勇二 教授
専門分野
応用微生物学
担当科目
生化学Ⅰ、タンパク質科学、微生物・ウィルス学、応用微生物工学特論、卒業研究 など
教育研究業績
学位・教育研究業績等

環境浄化研究室

研究室写真

「環境浄化」および「エネルギー低負荷」の二つの急務な問題を、化学的・工学的な技術、とくにユニークな触媒やプラズマ応用プロセスなどで解決へと導く研究開発を進めています。メタンなどの地球温暖化ガス有効利用から、排気ガス・VOCなどの身近な環境問題物質の浄化まで、実用化を目指して幅広い挑戦を続けています。

主な研究テーマ

  1. 天然ガス石油資源化のためのメタン直接転換触媒の開発
  2. 地球温暖化ガス低減のための二酸化炭素・メタン転換プロセスの開発
  3. ガソリンのオクタン価向上(ハイオク化)のための低温異性化技術の開発
有谷 博文 准教授

E-mail

ホームページ

有谷 博文 准教授
専門分野
触媒化学、無機材料科学
担当科目
環境の科学、物理化学III、無機材料科学、生命環境化学専門実験I など
教育研究業績
学位・教育研究業績等

環境計測化学研究室

研究室写真

技術の社会還元は工学研究の使命でもあります。そのため、「ブレイクスルーとなる研究をして、その研究成果を必ず社会還元する」ことを研究室の方針として掲げています。私の研究室では、これまでに無い新規な炭素材料を可能な限り簡便でかつ安価に創製できる技術の開発を進め、作製した炭素材料を2次電池や水素-酸素燃料電池の電極材料として適用することや、再生可能エネルギーを活用した水素製造の省力化の実現に向けた電極材料の創製、および酸化ストレス低減の検出や環境汚染物質、食品添加物等の超迅速分析法の開発を進めております。また企業との連携により、研究成果の一部は実用化にも成功しています。

主な研究テーマ

  1. 電解改質法を利用した新規炭素触媒の創製
  2. 金属を一切使用しない非金属炭素触媒を電極に適用した水素-酸素燃料電池の開発
  3. 酸化ストレス、環境汚染物質等の超迅速分析法の開発
松浦 宏昭 准教授

E-mail

松浦 宏昭 准教授
専門分野
電気分析化学、材料化学、 表面電気化学
担当科目
基礎化学、キャリアデザインII、基礎化学実験、無機化学I、電気化学、卒業研究 など
教育研究業績
学位・教育研究業績等

光材料化学研究室

研究室写真

光材料化学研究室では、新しい光機能材料の創製を目指して、分子集合体の設計、材料特性解析およびデバイス作製と評価と一貫した研究を基礎と応用の両面にわたって展開しています。光は、太陽光のようなエネルギー源や情報通信媒体としてのみならず、遠隔から分子集合体を操作できるピンセットとしての用途があります。最近、ミクロな環境の分子を光で刺激することによって、マクロな材料の性質を制御できる新規非線形応答材料の開発に注力しています。

主な研究テーマ

  1. 液晶の非線形光学挙動に関する研究
  2. 光応答性色素材料の開発
  3. 分子配向変化を利用した光機能材料の開発
木下 基 准教授

E-mail

木下 基 准教授
専門分野
材料化学、光化学
担当科目
基礎科学計算、生命環境化学基礎実験Ⅱ、物理化学Ⅰ・Ⅱ、機能材料科学特論
教育研究業績
学位・教育研究業績等

環境材料化学研究室

研究室写真

持続可能な社会を実現するためには、解決しなければならない様々な問題を抱えています。その中でも、資源の枯渇や環境汚染問題に着目し、材料化学をベースとしたアプローチによる問題解決を目指しています。
具体的には、クラーク数上位のありふれた元素群を駆使して、効果的な新規環境浄化材料の開発を行っています。また、廃棄物をゴミとして処分するのではなく、未利用の資源として活用するリサイクルシステムの開発に関する研究も行っています。

主な研究テーマ

  1. 新規環境浄化材料の創製
  2. 廃棄物からの機能性材料の合成
  3. 低環境負荷型の材料合成プロセスの開発
本郷 照久 准教授

E-mail

本郷 照久 准教授
専門分野
環境材料化学、無機物性
担当科目
環境計測Ⅰ、環境計量Ⅱ、生命環境化学専門実験Ⅰ
教育研究業績
学位・教育研究業績等

植物ゲノム工学研究室

研究室写真

当研究室では、植物の重要形質に関わる機構を解明する研究を進めています。花の「色」、「形」、「香り」といった形質に関する分子機構や、ビタミンなどの植物がもつ有用成分の生合成経路の解明を目指しています。またこれらの成果を応用し、求める新品種を効率的に作り出す方法を検討しています。材料として、埼玉県で開発された「芳香シクラメン」や、寄居町で盛んに栽培されているハーブ「エキナセア」などを用いており、地域貢献を目指した研究を行っています。

主な研究テーマ

  1. 花の形質に関わる分子機構の解明
  2. 植物がもつ有用成分の代謝経路の解明
  3. 効率的な新品種育成に向けた研究
秋田 祐介 講師

E-mail

ホームページ

秋田 祐介 講師
専門分野
植物分子生物学、植物生理学
担当科目
細胞生物学、食品科学、植物生理学、生物学実験 など
教育研究業績
学位・教育研究業績等


ページの先頭へ