学生プロジェクトニュース

農家の方と協同で育ててきた稲を収穫しました

2016/10/25

 10月22日(土)に、「米と日本酒~米作り、そして日本酒へ~プロジェクト」が、深谷市矢島で農業を営む高橋さんと協同して育ててきた稲を収穫しました。
 当日は高橋さんのご指導の下、鎌を用いた手作業の稲刈りを体験しました。稲刈りに参加した6名のプロジェクトメンバーからは、「自分たちが植えた稲が大きく育ってくれて嬉しい」「手作業での収穫はとても大変で、食物のありがたさを知るとともに、なかなかできない体験ができて楽しかった」といった感想が聞かれました。

 今後は収穫したお米(彩のかがやき)を使用して、深谷市内にある丸山酒造さんのご協力の下、五代目 日本酒“瞬喜道(しゅんきどう)”造りの行程へと進んでいきます。