現在進行中のプロジェクト

現在進行中のプロジェクト

 現在、下記のプロジェクトが進行中です。

 

学生フォーミュラプロジェクト

プロジェクトリーダー
機械工学科2年
藤浪和映
採択年度
平成19年度
※発足当時は機械工学科中心のプロジェクトチーム。平成27年度よりがんばる!学生プロジェクトに編入。
活動報告書
平成27年度活動報告書
ホームページ
ホームページ
プロジェクトの目的
 プロジェクト活動を通してモノ作りに関する知識や技術を学ぶ。
プロジェクトの内容
 マシンを設計製作さらにはスポンサー活動などチーム運営を行い、9月に行われる学生フォーミュラ大会へ出場に向けて活動を行う。

 

SAIKO Aquarium Project

プロジェクトリーダー
工学部生命環境化学科2年
朝見龍
採択年度
平成20年度
※採択当時は、「希少水生生物保護プロジェクト」平成22年度に現在のプロジェクト名に改称
活動報告書
平成20年度活動報告書
平成21年度活動報告書
平成22年度活動報告書
平成23年度活動報告書
平成24年度活動報告書
平成25年度活動報告書
平成26年度活動報告書
平成27年度活動報告書
プロジェクトの目的
 本学の学生や教職員をはじめ、来客や地域の方々に様々な水生生物に興味、関心を持ってもらう。
 学生プロジェクトを通して学生の活発な活動を促進とアピールを行う。
 日本人の野生生物に対する意識を変える。 
プロジェクトの内容
 水生生物の飼育繁殖 オープンキャンパスの展示 メダカの保護活動

 

集まれ科学実験教室プロジェクト

プロジェクトリーダー
工学部生命環境化学科3年
小田原拓野
採択年度
平成21年度
活動報告書
平成21年度活動報告書
平成22年度活動報告書
平成23年度活動報告書
平成24年度活動報告書
平成25年度活動報告書
平成26年度活動報告書
平成27年度活動報告書
ホームページ
ホームページ
プロジェクトの目的
 このプロジェクトは、近頃の子どもたちの「理科離れ」を「理科場慣れ」にすることを主な目的とする。
 先生方よりも年齢が近い、私たち大学生が科学実験を教えることで、子どもたちもいつもと違う環境で科学を学習することが出来る。また、私たち大学生側も子どもたちに実験を説明することで、より、科学の知識を深め、1つ質問されたら、1つ答えるのではなく、2つでも、5つでも、10個でも答えられるようにすることももう一つの目的である。
プロジェクトの内容
 主に深谷市の小学校や公民館へ赴き、小学生を主な対象とし科学実験教室を開催している。実験としては、
・スライム・マイクロカプセル(人工イクラ)・リモネン判子・液体窒素・ミラクルフルーツ・pH・エコカイロ・圧力・あぶり出し・バブ作り・偏光板・アロマの実験を行っている。
 他にも新実験の開発も行っている。

 

OKABE光の回廊プロジェクト

プロジェクトの内容
 埼玉工業大学の最寄り駅である岡部駅には、南側におかべ希望が岡公園が隣接し、綺麗に整備されている。しかし、この公園は夜になると暗闇の中にただ潜んでいるだけの存在になってしまっていると言っても過言ではないのが現状で、非常に寂しいものがある。日没時刻が早まる冬場に、ここにイルミネーションを設置できたら、綺麗であることはもちろんのこと、大学と地域を繋ぐパイプの1つになるのではないかと考えた。また、情報システム学科の講義で習得した、CG・電気回路・電子回路・プログラミングの知識を有意義に活用することが出来る。本プロジェクトは深谷市・ふかや市商工会等と協力し、おかべ希望が岡公園へイルミネーションを設置する。

 

SAIKO EV Project

プロジェクトリーダー
工学部生命環境化学科2年
野沢友希
採択年度
平成22年度
活動報告書
平成22年度活動報告書
平成23年度活動報告書
平成24年度活動報告書
平成25年度活動報告書
平成26年度活動報告書
平成27年度活動報告書
プロジェクトの目的
  • ERK Cup Japanに出場するためのERK(electric racing kart)の製作
  • マシーン製作を通し、専門技術の習得
  • チームワーク力の向上
  • 役割分担を決め、それに対する責任感の向上
プロジェクトの内容
  • ERKを製作、改良し、性能アップを目指す。
  • オープンキャンパスに参加し、SAIKO EV Project をPRする。
  • サーキットにおいてカートの走行練習を行い、運転技術の向上を目指す。
  • ERK Cup Japanに出場する。

 

自然環境保護プロジェクト

プロジェクトリーダー
工学部生命環境化学科3年
山崎雄也
採択年度
平成23年度
活動報告書(平成23年度)
尾瀬清掃活動
岡部駅大学間清掃活動
武甲山清掃活動
活動報告書(平成24年度)
黒斑山(浅間山外輪山)清掃活動
平成24年度活動報告書
活動報告書(平成25年度)
平成25年度活動報告書
活動報告書(平成26年度)
平成26年度活動報告書
活動報告書(平成27年度)
平成27年度活動報告書
プロジェクトの目的
 自然環境保護精神のもとに環境保護活動及び学校をPRしていくことを目的とする。
プロジェクトの内容
 透明骨格標本製作教室・ビオトープの製作・蛍の飼育・周辺地域清掃活動

 

米と日本酒(米作り,そして日本酒へ)プロジェクト

プロジェクトリーダー
工学部生命環境化学科3年
戸口祐太
採択年度
平成24年度
活動報告書
平成24年度活動報告書
平成25年度活動報告書
平成26年度活動報告書
平成27年度活動報告書
プロジェクトの目的
  1. 農家の方と共同で米作りを行い、作物作りの大変さと農家の方々に作って頂いている食物のありがたさを知る。
  2. 丸山酒造さんのご協力を得て、農家の方と共同で作ったお米を利用して日本酒造りを行う。
  3. 埼玉工業大学オリジナル日本酒を製作・販売を行い、より多くの方々に埼玉工業大学を知っていただく。
プロジェクトの内容
 農家の方と共同で埼玉のブランド米である「彩のかがやき」を作り、そのお米を使って深谷の酒造会社さんのご協力を得て、日本酒造りを行う。
 さらには、酒造会社さんと共同で、埼玉工業大学オリジナル日本酒を商品化し、地域のイベントを中心に販売し、埼玉工業大学を知っていただく

 

ロボコンチャレンジ・プロジェクト

プロジェクトリーダー
工学部機械工学科4年
蛭間航平
採択年度
平成25年度
活動報告書
平成25年度活動報告書
平成26年度活動報告書
平成27年度活動報告書
プロジェクトの目的
 メンバー個人の目標を明確にし、ロボコンでの感動を通し、自らを成長させる。
プロジェクトの内容
 さまざまなロボコンにチャレンジし、自分自身の技術力を高め、ロボコンを通して得た感動を伝える。

 

ADVERTRIAL Project

プロジェクトリーダー
人間社会学部情報社会学科2年
濱本光翔利
採択年度
平成26年度
活動報告書
平成26年度活動報告書
平成27年度活動報告書
プロジェクトの目的
 この新聞を通して、埼玉工業大学の携わっている行事や部活動などを在学生に知ってもらう。また、岡部や深谷周辺の建物や行事についても紹介し、関心を深めてもらう。
プロジェクトの内容
 月に一度、手書きの新聞を発行する。毎月どのような内容を記事にするのかを話し合い、取材班と編集班に分かれて活動をする。集めた記事を1つの新聞にレイアウトをし、発行する。その新聞を学内に掲示し、さらに学生に配布する。

 

SAIKOブランド農産品開発プロジェクト

プロジェクトリーダー
工学部生命環境化学科3年
亀頭美咲
採択年度
平成27年度
活動報告書
平成27年度活動報告書
プロジェクトの目的
 自分たちで作物を育て、販売し、より良い商品をつくる。
プロジェクトの内容
 農作物の生産・販売をおこなう。主に夏と冬の時期に収穫できるように、自分達で作物を選び、植え、育てる。そして学生や教職員の方々に向けて販売する。なお、作物を育てるだけでなく、肥料またはたい肥を利用しての土壌の改良や上手く育つように土地を整理することもおこなう。また、自分達で補えない知識は農家の方に訊きに行く。