就職・資格

VOICE

大学4年間に培ったコミュニケーションスキルを営業職に発揮しながら成長していきたい 栗原  崇さん
住友林業株式会社
住友林業株式会社
住宅事業本部 山形支店 営業グループ
営業
栗原 崇さん
人間社会学部 情報社会学科 2013年度卒業
[東京都・実践学園高校出身]
関東とは気候も言葉も違う山形に赴任し、注文住宅の営業を担当しています。山形に来た当初は県民性の違いに戸惑うこともありましたが、今ではすっかり慣れて、山形の皆さんのやさしさを実感しています。営業の仕事はお客様との信頼関係が最も重要。住宅は素敵なライフスタイルを作るうえで大切なものですから、お客様との会話では、不安なこと、家計などのプライベートなことも笑顔で親身に聞くように心がけています。そして、住宅が完成してもお客様とのご縁は続きます。ときには夕食をご馳走していただけることもあり、お客様の家族の一員のように迎えてもらえるのはとても幸せです。これもすべて大学で学んだことやサッカー部での経験、先生方や仲間との出会いで培ったコミュニケーションスキルのおかげ。埼工大を卒業したことを誇りに思い、さらに成長していきたいです。

▼次のOB・OG▲トップへ

加藤 麻衣子さん
大学で得た柔軟な思考力と洞察力を活かし、人とのつながりを大切にしながらお客様に喜ばれる仕事をしたい。
綜合警備保障株式会社
綜合警備保障株式会社
埼玉中央支店 HOME ALSOKアドバイザー
営業
加藤 麻衣子さん
人間社会学部 心理学科 2013年度卒業
[宮城県・東北生活文化大学高校出身]
就活時、学内説明会に参加した際に出会った素敵な採用担当の女性社員に憧れて、綜合警備保障に就職し、1年が経ちました。ホームセキュリティのサービスをご案内する仕事をしています。お客様のニーズに合い、納得いただける提案をするためには、お客様の要望を把握することが大切ですが、知識の浅い私にはまだまだ難しいことも少なくありません。しかし、自ら勉強しながら、また、先輩の指導をいただきながら力を付けていきたいです。  大学では、心理学を通じて人の心の動きや社会と人の心との関係性について学びました。さらに、学園祭実行委員長を経験し、一大行事の運営を通じて人とのつながりの素晴らしさや、皆で一つのことを作り上げる喜びを味わうことができました。これからも大学での経験を活かし、柔軟な思考力と洞察力に磨きをかけ、お客様に喜ばれる仕事をしていきたいです。

▼次のOB・OG▲トップへ

松本 匡史さん
大学で経験したすべてを仕事に生かしています。埼工大での4年間は私の一生の財産です。
スズキ株式会社
スズキ株式会社
スズキ自販南東京 日野営業所 営業課
営業サービス
松本 匡史さん
工学部 機械工学科 2013年度卒業
[栃木県・作新学院高校出身]
入社して1年。お客様のお車の点検サービスや営業を担当しています。機械工学科では、ものづくりの知識や機械に関する様々な技術を学びました。大学時代を振り返ると、もっと勉強しておけば良かったとも思いますが、今はとにかく勉強中。一日も早く、お客様の大切なお車を自分に託していただけるよう、先輩方に教えていただきながら日々努力しています。大学では専門の勉強の他に教職にも挑戦しました。学生を本当にバックアップしてくれる大学ですから、安心して取り組めました。また、課外活動ではフットサルやバスケのサークルに加え、学生会にも所属し、いろいろな経験ができました。4年間に学んだこと、見たこと、経験したことは仕事にも活きる一生の財産です。後輩の皆さんにも多くを学んで経験してほしいと願っています。

▼次のOB・OG▲トップへ

松本 健太郎さん
仲間と試行錯誤した研究室、就活で共に戦った仲間たち、大学生活は最高の思い出がいっぱいです。
東京ガス株式会社
東京ガス株式会社
根岸工場 施設部 計装システムグループ
エンジニア
松本 健太郎さん
工学部 情報システム学科 2013年度卒業
[群馬県・藤岡工業高校出身]
高校では情報を学び、ハードがなければ情報も役に立たないことを痛感して情報システム学科に入学しました。大学ではより深くものづくりの知識や技術を学べましたし、半導体の研究に夢中で取り組むことができました。特に研究室での一年は格別の時間でした。時間など気にせず仲間と一緒に研究に没頭し、時には教授にも加わっていただき試行錯誤した日々。就職活動で共に戦った仲間との出会い。たくさんの最高の思い出ができました。現在は、輸入した液化天然ガスから都市ガスを製造する工場設備を制御するためのメンテナンス作業などを担当しています。都市ガスは暮らしに欠かせないライフラインのひとつです。安全なガスをお届けするためには細心の作業が求められます。先輩から多くを学び、工場全体の設備を把握できる人材になれるように頑張っていきたいです。

▲トップへ



ページの先頭へ