図書館・出版会

埼玉工業大学出版会について

 埼玉工業大学は、一昨年度(平成23年度)、「工学部と人間社会学部を擁する『テクノロジーとヒューマニティの融合と調和』という理念の下、社会と人々の幸福に貢献する良書の発刊事業を行う」という趣旨から、「埼玉工業大学出版会」を設立し、これまで2冊図書を刊行しました。

 

 1冊目は、昨年3月発行の「若い世代へのメッセージ~職業と人生の選択に悩むあなたへ~」という本です。本書は、本学園理事長、本学学長のほか、工学部、人間社会学部の教職員等十数名が、各々の経験、立場、専門から、社会に巣立つ学生に対して、いかに職業を中心にした人生を送るかについてのメッセージを送るという目的で執筆しました。就職難といわれ、また、働きたがらない若者が増えてきたという指摘もある昨今、本書が学生にとって、働くことの意義を理解し、幅広い視野から意欲的に職業選択を行い、職業を通じて社会で自分を活かす、そして社会に貢献する道筋を見出す一助になること願っています。

 

 2冊目は、本年3月発行の「心のテクノロジーを学ぶ~心理学に関心のあるあなたへ~」という本です。本書は、埼玉工業大学人間社会学部心理学科の全教員が、高等学校3年生や大学1年生という初学者向けに執筆した心理学の入門書です。各教員が、それぞれの専門分野(知覚、認知、脳科学、発達臨床、学校臨床等々)における重要トピックスを最新の知見で解説し、心理学という学問の広さと深さを理解できるように配意しています。また、心理学を学ぶ上での心がまえについても随所でアドバイスしています。人の心の理解や心的援助に関する心理学への社会的な期待が高まっている現在、本書が心理学を正しく理解し、実りのある学習、研究を行うための道しるべとなることを期待しています。

 

 埼玉工業大学出版会は、工学部と人間社会学部という理系と文系の学部を併せ持つ本学ならではの『テクノロジーとヒューマニティの融合と調和』という理念に基づき、今後とも、教員等の研究業績を図書にし、学生の勉学により資するとともに、研究業績を社会で役立てていただくため、良書の発刊を続けてまいります。

 



ページの先頭へ